福島県 南相馬市

はら電/日立原町電子工業(株) 原町工場

〜 世界最高品質を提供し、顧客様から信頼される企業になる 〜 

はら電/日立原町電子工業(株) 原町工場の詳細及び連絡先

郵便番号:975-0041 
住所:福島県南相馬市原町区下太田字川内迫548番地
福島県南相馬市原町区下太田字小原20番地
茨城県日立市幸町3丁目10番-2号 
電話番号:0244-22-2151 
FAX番号:0244-25-1450 
代表者名:取締役社長  小田井恒吾 
資本金額:15,000万円 
従業員数:430人 
設立開設:1973年2月 設立
業種:その他の製造業 
URL:http://www.hitachi-haraden.co.jp 
E-Mail:endou@haraden.hitachi.co.jp 
主要製品などの画像


事業実績

パワーエレクトロニクスの世界に新しい時代をひらく日立のパワー半導体ディバイスを製造しております。
製品としましては、あらゆる電子機器に採用されているダイオードが中心となりますが、高性能を誇るガラスモールド型ダイオードから電装品などの電子機器をサージ電圧から守るサージ吸収用ダイオードなど、多彩なラインナップを揃えております。
中でも自動車のオルタネータ用ダイオードは世界中のお客様に愛用されており、ワールドワイドでも高いシェアを得ております。
また、新幹線やハイブリット自動車等のインバータ制御に使われますIGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor)も製造しております。
また、昨今の健康ブームの中で、血液のサラサラ度が注目を浴びておりますが、その測定チップを製作しているのは、世界中で当社だけであります。
「安全表彰」
平成18年7月、当社本社工場が企業としては全国で唯1社、内閣総理大臣賞 「国民安全功労表彰」を小泉元首相より受賞致しました。 


自社が対応している技術分野

※加工・処理技術〜「素材」「加工・処理」「製品」の製造3段階別

素材

− 

加工・処理(技術)

− 

製品

− 

※技術力〜技術アピールポイント

・パワー半導体:ダイオードの拡散、研削、メタライズ、ペレタイズ及び半田付け組立、検査技術 
・パワー半導体:IGBTのチップ検査、半田付け組立、ワイヤーボンディング及び検査技術 
・MEMS(Micro Electro Mechanical Systems):半導体集積回路の製造技術を基本をして、電子、機械、光、材料、などの多様な技術を融合した微細加工技術。シリコン微細深堀り加工技術により、血液サラサラ測定用チップ、赤外線センサー、圧力センサー等を製造。
・セラミック気密端子:セラミックへの各種メタライズ及び各種金属とのろう付け技術 


自社製品が関連するモノや分野

※最終製品〜保有技術や製造品目が最終的に生かされている製品〜

(製品名) (用途)
・自動車用ダイオード ・自動車オルタネータシステム
・一般用ダイオード ・家電品(TV、モニタ)、自動車、他
・車両用IGBT ・家電・新幹線用インバータ
・自動車用IGBT ・ハイブリット自動車用インバータ
・セラミックス精密端子 ・超高真空機器、医療分析機器、超電導応用機器
・微小循環モデル測定チップ ・血液サラサラ度測定装置

※関連分野〜製造しているモノが関連している分野〜

− 


製造能力

製造能力

− 

保有機械・設備

− 

保有特許

− 

品質管理

− 

納期対応

− 

外注依頼に対応できる加工種別

− 


その他の規格基準認証取得状況

・品質保証 ISO9001 平成7年12月 取得
・環境 ISO14001 平成10年9月 取得