ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム南相馬市

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

飲料水(水道水)の放射性物質モニタリング検査結果

 南相馬市(原町区及び小高区)の水道水については、「福島県飲料水の放射性物質モニタリング検査実施計画、水道水モニタリング検査要領」に基づき、週3回の検査を実施しており、その検査結果は以下のとおりとなります。

飲料水(水道水)の放射性物質モニタリング検査結果

採水場所 3月29日検査結果

3月27日検査結果

3月24日検査結果

放射性
セシウム

放射性
ヨウ素
採水日

放射性
セシウム

放射性
ヨウ素
採水日

放射性
セシウム

放射性
ヨウ素
採水日
原町区 牛越浄水場 不検出 不検出 3月29日 不検出 不検出 3月27日 不検出 不検出 3月24日
大谷浄水場 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
矢川原浄水場 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
小高区 小高第1浄水場 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出
小高第2浄水場 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出

小高北部
簡易水道浄水場

不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出

小高西部
簡易水道浄水場

不検出 不検出 不検出 不検出 不検出 不検出

国が定めた水道水中の放射性セシウムの管理目標値

  放射性セシウム(Cs-134,Cs-137の合計)  10Bq/kg以下

欄中の「不検出」とは、検査結果が検出限界値未満であったことを示します。

 検出限界値は、周辺環境や検査物質の測定時間等の条件により異なり、おおむね「1Bq/kg前後」と
なっています。 

小高区の給水再開状況
  • 小高区の水道は、津波で被災した浦尻、村上簡易水道を除き、平成25年12月までに全て復旧しました。 
測定機関等

  測定機関   相馬地方広域水道企業団
分析装置   ゲルマニウム半導体検出器
検査頻度   週3回(月、水、金曜日に採水) 

鹿島区の放射性物質モニタリング検査結果

  鹿島区の水道については相馬地方広域水道企業団が運営しておりますので、最新のモニタリング
  結果については、こちらをご覧ください。 
  鹿島区の水道水モニタリング結果

水道原水モニタリング調査(プルトニウム・放射性ストロンチウム)結果

 福島県が国の「総合モニタリング計画」に基づき実施した南相馬市の調査結果は、以下のとおりです。

単位:Bq/L

採取日 Pu-239+240  Pu-238  Sr-90  Sr-89 
濃度 検出限界値 濃度 検出限界値 濃度 検出限界値 濃度 検出限界値
H25.10.1 ND 0.000009 ND 0.000009 0.00305 0.00059 ND 0.0098
H27.1.5 ND 0.000008 ND 0.000009 0.0018 0.0005
H28.1.5 ND 0.000004 ND 0.000005 0.0018 0.0003

※南相馬市の調査対象は、井戸から汲み上げた浄水前の原水です。
※プルトニウムは不検出、ストロンチウム90が検出されましたが、その数値は微量で事故前の全国データ分布の範囲内であり、また世界保健機関(WHO)の飲料水水質基準を大きく下回っています。

 なお、詳しくは県のホームページをご覧ください。
県のホームページ

水道浄水放射性物質(プルトニウム・放射性ストロンチウム)測定結果

南相馬市では水道水のプルトニウム及び放射性ストロンチウムのモニタリング調査を実施しました。

     印刷 - 飲料水(水道水)の放射性物質モニタリング検査結果  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

 

南相馬市役所

〒975-8686 福島県南相馬市原町区本町二丁目27番地 電話番号 0244-22-2111(代表) FAX番号 0244-24-5214
開庁時間は月曜日から金曜日の8時30分~17時15分(年末年始を除く)です。

 

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる