ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム南相馬市

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

保育園給食食材放射能分析の取り組み

 現在南相馬市では、県が実施する食材等の放射能分析結果に基づき出荷制限となっていない安全性が確認された食材を保育園給食として提供しております。
 平成24年4月から、学校・保育園給食で使用する食材の安全性を再確認することを目的として使用食材の放射性物質簡易分析を毎日実施しております。分析については、下記詳細をご覧ください。

測定機器:日立アロカメディカル(株)製 NaI(Tl)シンチレーション検出器(CAN-OSP-NAI)
測定場所:給食実施保育園(※3園)
測定方法:前日に、給食で使用する食材を1品目あたり約1kg採取し測定します。
測定項目:Cs134・Cs137
検出限界:10Bq/kg(10Bq/kg以下の数値については「検出せず」と表記致します)
測定頻度:各学校、給食実施保育園、共に原則毎日行っています。
測定時間:各食材 3600秒

 


放射能測定場所の住所及びに検査機器と検査要員の配置数

施設名 住所 検査機器
配置数
検査
要員数
南相馬市立原町あずま保育園 南相馬市原町区東町3丁目7-4 1 1
南相馬市立かしま保育園 南相馬市鹿島区西町3丁目90 1 1
南相馬市立かみまの保育園 南相馬市鹿島区浮田一丁田67 1 1

給食として提供されるまでの流れ

給食として提供されるまでの流れ

  1. 納入業者は、安全性の確認された食材を調達し、使用する前日までに納品されます。
  2. 学校では、使用される各食材を細かく刻み専用容器に詰めます。
  3. 「分析装置マニュアル」に従い、分析を開始します。(食材は1品ずつ検査します)
  4. 検査結果を学校・保育園へ報告し「食品衛生法の規定に基づく食品中の放射性物質の新基準」に従い、安全性の再確認を行います。安全性が確認された後、食材を調理します。
  5. 上記の過程をへて、安全でおいしい給食として提供されます。(調理後の給食でも再チェックを行います)

 

     印刷 - 保育園給食食材放射能分析の取り組み  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

 

南相馬市役所

〒975-8686 福島県南相馬市原町区本町二丁目27番地 電話番号 0244-22-2111(代表) FAX番号 0244-24-5214
開庁時間は月曜日から金曜日の8時30分~17時15分(祝日、年末年始を除く)です。

 

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる