中央図書館では、毎月映画の上映を行っています。入場は無料ですので、ぜひご覧ください。

10月のライブラリーシアター

 全席自由席・鑑賞無料

10月13日(土曜日)

やさしい本泥棒
10月のライブラリーシアター
 [96KB pdfファイル]
 

『やさしい本泥棒』

 

原作:マークース・ズーサック
監督:ブライアン・パーシヴァル
出演:ジェフリー・ラッシュ、エミリー・ワトソン、ソフィー・ネリッセ ほか

 

【あらすじ】
第二次大戦のドイツ・ミュンヘン郊外に母に去られ里親と暮らす活発な
少女リーゼル、里親のハンスは彼女が字を読めないことに気が付き、
本を読み聞かせるようになる。
少女は本と出会い、言葉が人に勇気と希望を与えることを知った。
ナチス政権下のドイツで健気に生きた一人の少女の物語。
(2013年 アメリカ・ドイツ合作 130分)

時間

 13:00 開場
 13:30 上映開始

場所

情報交流センター2階 マルチメディアホール

駐車場をご利用の皆様へ

駐車券は必ず図書館カウンターか、情報交流センター1階カウンターに提示してください。
駐車してから2時間まで無料になります。

過去の上映作品

「ユナイテッド93」 「その名にちなんで」 「ミルドレット50歳からのスタートライン」
「レナードの朝」 「釜石の“奇跡”子どもたちが語る3.11」 「秘密の花園」
「地下鉄に乗って」 「架け橋 きこえなかった3.11」 「珈琲とエンピツ」
「ホリディ」 「ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」 「はじまりの歌」
「父の詫び状」 「グッド・ハーブ」 「おじいさんと草原の小学校」
「プライドと偏見」 「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」 「アバウトタイム~愛おしい時間について~」
「遺体~明日への10日間」 「ジェラシック・パーク」 「瞳は静かに」
「そして父になる」 「君に届け」 「サンタクロースになった少年」
「木洩れ日の家で」 「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」 「わたしを離さないで」
「太陽が知っている」 「サタデー・ナイト・フィーバー」 「ちづる」
「太陽の子」 「ミッション・インポッシブル」 「ナオトひとりっきり」
「小説家を見つけたら」 「レ・ミゼラブル」  
「幸せな時間」 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」  
「オーロラ」 「家で死ぬということ」  
「クリスマス・キャロル」 「大河ドラマ 八重の桜 総集編」