ページの先頭です 本文へスキップ
南相馬市博物館
 

ホーム南相馬市

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

平成29年度特別展 「日本の凧」―大橋コレクション―

平成29年度特別展 「日本の凧」 ―大橋コレクション―

平成30年1月13日(土曜日)から3月11日(日曜日)まで
観覧料:通常料金
料金については観覧案内をご覧ください)    
 お正月には凧揚げ・羽根つき・コマ回しなど昔から親しまれてきた遊びがあり、お正月ならではの楽しみでした。凧揚げは遊びだけでなく、男児の初誕生の祝い、豊作祈願、年占いなどの意味をもつものもあります。江戸時代には凧揚げは子供から大人まで流行し、江戸だけでなく全国に広まり、地方色の豊かな郷土凧が生まれました。
 当館では、鹿島区出身の大橋新氏から日本全国をほぼ網羅した凧とアジアの凧など380点に及ぶコレクションの寄贈を受けました。この中には希少な凧や廃絶して入手困難な凧も多く、併せて凧職人の姿も記録されています。
 今回は大橋コレクションの一部から、日本各地の特色ある凧をご紹介します。あわせて、博物館が収集した凧揚げの浮世絵を紹介します。凧揚げの文化・魅力に触れてみませんか。

日本各地の凧と大橋新氏

 

〈臨時休館のお知らせ〉
 12月18日(月曜日)~20日(水曜日)まで館内工事のため休館いたします。ご不便をおかけいたします。
 なお、21日(木曜日)からは通常通り開館いたします。

特別展関連イベント情報

参加費:無料 ※申込不要 (詳しくは体験学習・講座等のページをご覧ください

日時

内容

1月13日(土曜日)
13:30~14:10

特別記念講演会「凧の魅力と凧収集の60年」  講師:大橋新氏
鹿島区出身の大橋新氏より寄贈を受けた日本と東アジアの凧コレクションの中から、日本各地の特色ある凧と凧職人、凧収集の思い出を解説します。

1月14日(日曜日)
10:00~10:40

特別記念講演会「凧の魅力と凧収集の60年」  講師:大橋新氏
鹿島区出身の大橋新氏より寄贈を受けた日本と東アジアの凧コレクションの中から、日本各地の特色ある凧と凧職人、凧収集の思い出を解説します。

特別展開催期間中のイベント情報

博物館講座 参加費:無料 (詳しくは体験学習・講座等のページをご覧ください

日時

内容

2月24日(土曜日)
13:30~15:00

講座「相馬地方の民俗」  相馬地方の民俗について解説します。

[その他の体験学習・博物館講座等]

※体験学習、博物館講座等の参加には事前のお申し込みが必要です。お申込み、お問い合わせは南相馬市博物館(電話番号 0244-23-6421)まで。

ミニテーマコーナー展示

 常設展示室の一部を利用し、ミニテーマコーナーを設けて定期的に展示替えをしています。
「小高・鹿島・原町の大正時代の街並みとレトロな建物 ―街並み鳥瞰図と建物のペーパークラフト―」  
展示期間:平成29年10月5日(木曜日)から12月28日まで
観覧料:通常料金料金については観覧案内をご覧ください

◇展示風景
小高・鹿島・原町の大正時代の街並みとレトロな建物 ―街並み鳥瞰図と建物のペーパークラフト―小高・鹿島・原町の大正時代の街並みとレトロな建物 ―街並み鳥瞰図と建物のペーパークラフト―

※平成30年1月4日からは戌年関連展示「いぬどしワンワン♪ワンダフル・コレクション」が始まります。

お知らせ

DVD『日吉神社の浜下り』映像コンクールに入賞!!
NPO法人地域文化アーカイブス主催の第15回全国地域映像コンクールで、2016年に博物館が制作した映像記録『日吉神社の浜下り』(37分)が、梶原拓記念奨励賞を受賞しました。DVDは博物館で販売中です。(定価1,000円)

DVD『日吉神社の浜下り』映像コンクールに入賞!!

観覧案内

  • 開館時間
    9時から16時45分まで(最終入館は16時まで)
  • 休館日
    毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)
    12月29日から翌年1月3日まで
    相馬野馬追最終日の月曜日は開館(翌日休館)
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です
 

南相馬市博物館 〒975-0051 福島県南相馬市原町区牛来字出口194
電話番号 0244-23-6421 FAX 0244-24-6933 e-mail hakubutsukan@city.minamisoma.lg.jp

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる