復興ディスカッション

  

小高産業技術高校生 13名

早稲田大学生    14名

”地元高校生の『ふるさと復興』にかける想い”をテーマに浮舟文化会館でディスカッションを開催しました。

震災当時、小学4・5年生で感じた想いを高校生になった今伝えました。

高校生のテーマはさらに3つに分かれました。

1.高校生の東日本大震災体験・避難生活

2.現在の小高産業技術高校の開校

3.今後の小高/南相馬市への想い

早稲田大学生は当時中学2年生、テレビからしか見えないことを高校生へ伝え、桜井市長、早稲田大学高橋教授を交え議論を展開しました。