このたび、南相馬市埴谷・島尾記念文学資料館の館長に就任しました。
 東日本大震災、東京電力(株)福島第一原発事故により閉館せざるを得なくなり、それから5年4か月が経過した平成28年7月15日に再開館しました。
 埴谷雄高は、台湾生まれですが、祖父は相馬藩士であり、そのことに強い執着を持っていたと言われています。先祖の墓も残っており、本籍地を動かすことはしませんでした。


島尾敏雄は、横浜生まれですが、両親の出身地である小高に、夏休みを利用しては頻繁に訪れ、「いなか」と呼んで親しんでいました。島尾作品の原風景は、この「いなか」で育まれたのだと思います。
 

 また、ここ南相馬の地は、憲法学者の鈴木安蔵、実業家の半谷清壽、社会主義運動家の平田良衛など、多くの文化人が輩出しているところであります。このような方たちが生まれた風土をとても不思議に感じますし、また、とても魅力的に感じます。
 その先人たちを生んだ南相馬市の復興はまだ途中ですが、このように関係する多くの資料を収集し、保管し、情報を発信することが、この文学資料館の大切な役目だと思います。埴谷雄高、島尾敏雄の両氏及び南相馬の文化人等をあらためて見つめ直すきっかけとなればと願っております。 

赤坂憲雄