ファミリーサポート事業とは、【会員同士・市民相互】で支えあう子育て支援のシステムです。子育ての手助けをしてほしい方(おねがい会員)に、子育ての手助けをしたい方(まかせて会員)を紹介し、【相互の信頼と合意】のうえで、一時的に子どもを預かり、有料で育児の援助を行います。
 子育て中に助けてもらったので、今度は自分が助けたい。ボランティア活動で地域に貢献したい。そんな気持ちが地域の子育てを応援します。子育てをとおして、地域ネットワークを広げましょう。あなたの登録をお待ちしております。

※市民同士の相互扶助によって成り立っている制度です。
 援助を行う会員の都合によっては、希望する日時の支援が受けられないこともあります。
 あらかじめご了承ください。

会員

おねがい会員

 南相馬市内に在住または勤務し、子ども(0歳児から小学校6年生までが対象)の育児を援助してほしい方

まかせて会員

 南相馬市内に在住し、20歳以上の心身共に健康で子どもを預かることができる方
 (センターが定める講習会を受けていただきます。) 

両方会員

 おねがい会員とまかせて会員両方を兼ねる方

ファミリーサポートで行う援助の内容

例えばこんなときに利用できます。下記にお問い合わせください。

  • 短期間のアルバイト、就職活動、家族の看病に行く時間がほしい。
  • たまに子どもから離れて「自分の時間」を持ち、リフレッシュしたい。

南相馬市社会福祉協議会内ファミリーサポートセンター
電話:0244-26-5669
住所:〒975-0011 南相馬市原町区小川町322番地の1 原町区福祉会館内
受付時間:月~金曜日 8時30分から17時(土日祝日・年末年始を除く)

※相談内容によっては(毎日終日預かってほしい、等)利用を制限させていただく場合があります。
※宿泊や病児保育は、行いませんのでご注意下さい。

ファミリーサポートセンターのしくみと流れ

(1) 会員登録の申込みをします。
(2) センター、おねがい会員、まかせて会員の三者で事前打合せをします。
(3) おねがい会員は援助を依頼したい日時が決まったらセンターへ利用の申込みをします。
(4) センターを通じてまかせて会員に援助の依頼をします。
(5) まかせて会員は依頼された内容にそって活動します。
(6) 援助活動が終わったら、おねがい会員は決められた報酬をまかせて会員に支払います。
(7) まかせて会員は、援助活動報告書をセンターへ提出します。

詳しくはこちらをご覧ください。

報酬額

活動日 報酬額(30分)
 月曜日から金曜日の7時から19時まで 300円
 上記時間帯以外および土日祝日・年末年始 350円

※食事代、ミルク代等は実費で別途支払になります。
※年末年始とは12月29日から1月3日までになります。
※2人以上の児童を預け、援助活動時間が重複する時間帯は2人目以降の報酬額が半額となります。

ひとり親家庭ファミリーサポートセンター利用者支援事業

ひとり親家庭向けの助成制度があります。
助成額  ひと月の利用額の2分の1の額
対象者  市内に住所のある「おねがい会員」で、児童扶養手当法による所得制限と同水準に該当する方

詳しくはお問い合わせください。