ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム南相馬市

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

若年夫婦・子育て世帯への定住奨励金

 市では、子育て中の世帯や、将来子育てをする若い夫婦がいる世帯の市内定住を応援するため、市内で民間賃貸住宅に新たに入居又は住宅の新築・購入をした若年夫婦世帯・子育て世帯に奨励金を交付します。
 奨励金の金額は、民間賃貸住宅への入居の場合は18万円、住宅の新築・購入の場合は100万円となります。

1 対象となる世帯

 平成27年4月1日以降、市内で民間賃貸住宅に新たに入居するか住宅の新築・購入を完了した時点で、以下のいずれかに当てはまる世帯が対象となります。
(1)18歳以下の子がいる(子が18歳になった日以後最初の3月31日まで)。
(2)妊婦がいる。
(3)いずれかが45歳未満の同居する夫婦がいる。
 ※市内で民間賃貸住宅に新たに入居するか住宅の新築・購入をした後6カ月以内に対象世帯になった場合も奨励金の交付対象となります。

2 奨励金の交付条件

民間賃貸住宅への新規入居の場合

(1)以下のいずれかの目的で、市内にある民間賃貸住宅に新たに入居すること。
 ア 東日本大震災又は福島第一原子力発電所事故による避難を終了して自立するため。 
 イ 結婚の前後6カ月以内に住環境を改善するため。 
 ウ 子育ての都合によって住環境を改善するため。 
 エ 南相馬市外から転入して市内に定住するため。
(2)入居した民間賃貸住宅の家賃を滞納していないこと。
※借上住宅等の公的住宅、社員寮等の給与住宅及び2親等以内の親族が所有する住宅は、対象になりません。

住宅の新築・購入の場合

(1)市内で自ら居住するための住宅を新築又は購入すること。

共通する条件

(1)南相馬市の住民として5年以上住み続けること。
(2)入居・取得した住宅に住所があり、居住していること。
(3)市税の滞納がないこと。
(4)世帯員が暴力団員等でないこと。
(5)以前に同じ奨励金を受けていないこと。
(6)防災集団移転事業、がけ地近接等危険住宅移転事業又は東日本大震災による被災住宅再建支援事業による補助金(南相馬市以外の市区町村から交付される同様の補助金を含む。)を受けていないこと。

3 奨励金の額

(1)民間賃貸住宅への新規入居の場合 18万円
(2)住宅の取得(新築・購入)の場合 100万円

4 奨励金交付までの流れ

(1)交付申請前に住所の移動、住宅の引渡し、購入の場合は所有権移転登記を済ませてください。
(2)住宅の入居又は取得が完了してから1年以内に奨励金の交付申請をしてください。
(3)市で申請内容の審査を行い、交付の可否を決定します。
(4)お手元に奨励金交付決定通知書が届きます。
(5)奨励金が指定の金融機関口座に振り込まれます。

5 奨励金の交付申請

 民間賃貸住宅の入居又は住宅の取得が完了してから1年以内に、奨励金交付申請書と添付書類を添えて建築住宅課窓口に奨励金の交付を申請してください。

6 交付申請時の必要書類

共通するもの

(1)子育て世帯及び若年夫婦世帯定住促進事業奨励金交付申請書(様式第1号)
(2)世帯全員の住民票の写し(1カ月以内に発行されたもの)
(3)戸籍全部事項証明書(1カ月以内に発行されたもの)
(4)市税の完納証明書(課税がない場合は非課税証明書)(1カ月以内に発行されたもの)
    ※ 課税所得証明書ではありませんのでご注意ください。
(5)妊婦がいる場合は、母子健康手帳の写し
(6)奨励金を振り込む金融機関口座の通帳の写し
※申請時には、印章(認め印)をご持参ください。

民間賃貸住宅への新規入居の場合

(1)戸籍の附票(入居日前1年間の住所履歴がわかるもの)
(2)民間賃貸住宅の賃貸借契約書の写し
(3)賃貸住宅への入居を確認できる書類(直近に支払った家賃の領収書等)
(4)避難を終了した場合は、避難先の退去届及び避難理由がわかる書類(被災証明書、罹災証明書等)の写し

住宅の新築・購入の場合

(1)取得した住宅の登記全部事項証明書(1カ月以内に発行されたもの)又は取得した住宅の所有権を証する書類の写し
(2)取得した住宅の建築業者又は売主及び取得価格を明らかにできる書類(契約書、領収書等の写し)
(3)取得した住宅の全体がわかる写真(縦89ミリ×横119ミリ以上のサイズ)

7 注意事項

(1)南相馬市の住民として定住する意思を示す誓約書を提出していただきます。
(2)奨励金を交付した日から5年以内に、奨励金の趣旨に反して世帯員全員が市外に転出した場合は、奨励金を全額返還していただきます。
(3)東日本大震災により被災した住宅の再建のための補助金の交付を受けていないことを確認するため、市が調査・照会する場合があることに同意していただきます。
(4)奨励金を交付した日から5年間、市内居住の確認のため、市が世帯の住民登録資料を調査、照会、閲覧することに同意していただきます。
(5)世帯員が暴力団員等でないことを確認するため、市が南相馬警察署に照会する場合があることに同意していただきます。

8 様式ダウンロード

(1)民間賃貸住宅への新規入居の場合

(2)住宅の新築・購入の場合

     印刷 - 若年夫婦・子育て世帯への定住奨励金  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

 

南相馬市役所

〒975-8686 福島県南相馬市原町区本町二丁目27番地 電話番号 0244-22-2111(代表) FAX番号 0244-24-5214

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる