作品展示(木彫・書道・俳句・絵手紙・和紙人形、ひばり主催事業)と、芸能発表会を2日間に渡って開催。昨年に続きリハーサル時には、ひばり寸劇教室(「天地に生きる」富田高慶と相馬御仕法ものがたり)の発表、また「カラオケ・童謡・日本舞踊・詩吟・謡曲・3B体操・ハーモニカ演奏・社交ダンス・太極拳・民謡・フラダンス」といった多彩な演目が披露されました。(2日間の来場者数は、延べ1,300名)

▲毎年郷愁を誘う歌声ありがとうございます(みなみ地区福祉委員会童謡を歌う会)

▲華やか、あでやかな踊りで魅せます(手踊りわかば会)

   

▲粋な踊りも、そろえます(手踊りわかば会)

▲皆さんと一緒に「若返り」体操(たちほこ体操会)

   

▲「博多恋人形」を舞います(新日本舞踊村井流竜美香会)

▲大人の舞「天地人」(新日本舞踊村井流竜美香会)

   

▲軽やかに!(3B体操「すこやかクラブ」)

▲日本の伝統「仕舞」を皆様に(観世流励諷会)

   

▲天使の姿で、天使の声聞かせます(原町女声合唱団)

▲午後一番は、ハーモニカの音色で(原町ハーモニカ愛好会)