急速な高齢化の進行に対応し、高年齢者が少なくとも年金受給開始年齢までは意欲と能力に応じて働き続けられる環境の整備を目的として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され、平成25年4月1日から施行されました。
 この改正では、定年に達した人を引き続き雇用する「継続雇用制度」の対象者を労使協定で限定できる仕組みの廃止などを内容としております。

「平成25年4月1日から希望者全員の雇用確保を図るための高年齢者雇用安定法が施行されます!」 [473KB pdfファイル] 

  • 改正法や高齢者雇用確保措置について詳しくは、最寄りのハローワークへお問い合わせください。
  • (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構の各都道府県にある高齢・障がい者雇用支援センターでは、高年齢者雇用アドバイザーの派遣などにより、高年齢者雇用についての相談を行っています。
    http://www.jeed.or.jp/location/ks/fukushima/07_fukushima.html