平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助制度

 私立幼稚園在園児保護者の経済的負担の軽減を目的とした国の幼稚園就園奨励費補助事業に基づき、私立幼稚園に満3歳から5歳児が通園しておられるご家族に対し、入園料・保育料(授業料)の一部を補助しております。
 対象児は、園児及び保護者の住民登録が南相馬市にあり、私立幼稚園(市外にある幼稚園を含む)に在園している満3歳から5歳児です。
 平成29年度の私立幼稚園就園奨励費については下記のとおりです。「保育料等減免措置に関する調書」と「同意書」等に必要事項を記入押印の後、通園している幼稚園を通して下記担当課に提出してください。
 なお、申請に必要な調書等については、下記様式をダウンロードしていただくか通園している幼稚園に郵送いたしますので下記担当課までご連絡ください。

私立幼稚園就園奨励費申請書類等について

  1. 平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助のお知らせ [164KB pdfファイル] 
  2. 保育料等減免措置に関する調書(様式) [135KB pdfファイル] 
  3. 保育料等減免措置に関する調書(保護者記入例) [180KB pdfファイル] 
  4. 保育料等減免措置に関する調書(幼稚園記入例) [135KB pdfファイル] 
  5. 同意書(様式) [68KB pdfファイル] 
  6. 同意書(記入例) [101KB pdfファイル] 

注意事項

  1. 「上記減免・補助単価」が「今年度支払った入園料+保育料(バス代、暖房費等は除く)」よりも高かった場合には、「今年度支払った入園料+保育料」が上限となります。
  2. 住宅借入金等特別控除を市民税からも受けている場合は、控除適用前の市民税額で判断します。
  3. 市民税額は父母の合計した額により決定します。父母以外の方が園児を市民税上扶養控除の対象としている場合や父母の市民税額が非課税でその他の扶養義務者(祖父母等)に課税がある場合には、その方の課税額も合算します。
  4. 市民税額、兄弟の有無や兄弟の年齢、ひとり親等かどうかといったさまざまな条件で階層を判定し、補助額を決定します。詳しくは「平成29年度私立幼稚園就園奨励費補助のお知らせ 」中の、「基準額早見表」を参照ください。 
  5. 年度途中で入退園があった場合は、在園期間に応じて補助額が減額となります。
  6. 平成27年4月の子ども・子育て支援新制度(以下「新制度」とする。)施行を受け、平成27年度より幼稚園就園奨励費補助の補助対象は、新制度に移行しない私立幼稚園に通う幼児に対して市が行う幼稚園就園奨励事業のみとなります。「新制度」に移行しているかいないかについては、通園する幼稚園にご確認ください。なお、転園等により年度途中に新制度に移行しない幼稚園に通うこととなった幼児に対する就園奨励事業についても、補助の対象とし、補助限度額については途中入退園の取扱いとします。

ライフイベント