「復興『ありがとう』ホストタウン推進事業」の一環として、本市の少年野球選手をU-23台湾代表野球チームが合宿を行っている愛媛県松山市に派遣し交流を行いました。
 当該事業は、震災時に支援をいただいた国や地域と、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて感謝の気持ちで交流し、歴史文化の相互理解や交流人口の拡大、本市復興を内外に発信すること等を目的としています。
 派遣団は、坊ちゃんスタジアムで台湾代表チームの選手・コーチ陣によるワークショップを受けたほか、松山市内の少年野球チームとの合同練習や野球歴史資料館を見学するなどして、貴重な経験をしてきました。
 派遣された中学生からは、
『坊っちゃんスタジアムで台湾代表に教えていただいたことを今後の練習に生かし、いつかプロ選手になって坊っちゃんスタジアムで野球ができるよう頑張りたい。』
等の感想がありました。
 合宿中にも関わらず快く交流に応じてくださったU-23台湾代表野球チームの皆様と、お忙しいなか派遣団の受入れにご対応いただいた松山市の皆様に感謝申し上げます。
 本市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、引続き「復興『ありがとう』ホストタウン」としての交流やオリパラ関連事業の取組みを進めて参ります。

1 愛媛県松山市への派遣期間

平成30年10月6日から10月8日

2 派遣者の内訳

監督・引率スタッフ等 3名
市内少年野球選手(中学生)7名 計10名
※他に南相馬市代表として松浦副市長及び随行職員が同行

3 派遣行程

平成30年10月6日(土曜日)

松山市北澤副市長との面談
台湾代表選手との食事会
台湾棒球協会 趙 副理事長との面談

10月7日(日曜日)

野球歴史資料館・坊っちゃんスタジアムの見学
台湾代表チームの練習見学
台湾代表チームによるワークショップ
地元松山市の少年野球チームとの野球交流(合同練習)

10月8日(祝日)

松山市の歴史・文化の学習(松山城等の見学)

4 記録写真

01 松山市北澤副市長へ派遣交流のご挨拶(松山市副市長との面談@松山市内ホテル)

01 松山市北澤副市長へ派遣交流のご挨拶(松山市副市長との面談@松山市内ホテル)

02 台湾棒球協会の趙士強副理事長へ本市復興状況等を説明しました
02 台湾棒球協会の趙士強副理事長へ本市復興状況等を説明しました
(台湾棒球協会副理事長との面談@松山市内ホテル)

03 野球を支える施設管理者の仕事を学びました(スタジアム見学@坊ちゃんスタジアム)
03 野球を支える施設管理者の仕事を学びました(スタジアム見学@坊ちゃんスタジアム)

04 台湾のトップ選手のプレーを目に焼き付けます(台湾代表の練習見学@坊ちゃんスタジアム)
04 台湾のトップ選手のプレーを目に焼き付けます(台湾代表の練習見学@坊ちゃんスタジアム)

05 台湾代表の選手やコーチ陣が親切にご指導くださいました
05 台湾代表の選手やコーチ陣が親切にご指導くださいました
(台湾代表によるワークショップ@坊ちゃんスタジアム)

06 U-23台湾代表野球チームの皆さんと記念撮影
06 U-23台湾代表野球チームの皆さんと記念撮影
(台湾代表によるワークショップ@坊ちゃんスタジアム)

07 最高の野球日和のなか楽しく交流しました(松山市内少年野球チームとの交流@坊ちゃんスタジアム)
07 最高の野球日和のなか楽しく交流しました(松山市内少年野球チームとの交流@坊ちゃんスタジアム)

08 地元松山ボーイズの皆さんと記念撮影(松山市内少年野球チームとの交流@坊ちゃんスタジアム)
08 地元松山ボーイズの皆さんと記念撮影(松山市内少年野球チームとの交流@坊ちゃんスタジアム)

09 松山城を築城した加藤嘉明公は会津藩主として福島にも縁があります
09 松山城を築城した加藤嘉明公は会津藩主として福島にも縁があります
(松山市の歴史・文化の学習@松山城)