軽自動車税

 軽自動車税は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車の所有者または使用者に対して課せられる税金です。

 軽自動車税は年度ごとに課税されます。当該年度の途中で廃車や名義変更があった場合でも、還付はされません。

軽自動車税の納税義務者

 軽自動車税は、毎年4月1日(賦課期日)現在、軽自動車を所有または使用している人(個人・法人)に課税されます。

期日 内容 課税状況
4月1日以前 新規登録 課税されます
名義変更(譲渡) 新所有者に課税されます
廃車 課税されません
4月2日以降 新規登録 今年度は課税されません
名義変更(譲渡) 今年度は旧所有者に課税されます 
廃車 今年度は課税されます

納税の方法

 毎年5月の中旬に納税通知書を送付いたしますので、5月末日までに金融機関やコンビニエンスストア、市役所で納めていただくことになります。またYahoo!公金支払いによるクレジット納付も可能です。
 口座振替(平成30年5月31日引き落とし)またはクレジット納付をご利用の方については、6月中旬に納税証明書(継続検査用)を送付します。

平成30年度軽自動車税の納税通知書をお送りします

 南相馬市では、平成30年度の軽自動車税の納税通知書を5月中旬に送付します。

  • 納期限 平成30年5月31日(木曜日)

 なお、平成30年5月30日(水曜日)までは、平成29年度の領収済通知書(車検用納税証明書)を提示することにより車検を受けることができます。

軽自動車等車種別 税額一覧表

原動機付自転車・小型特殊軽自動車・二輪車の税率

区分

税率

登録場所

原動機付自転車

50cc以下

2,000円

南相馬市役所 市民課
0244-24-5235

鹿島区役所 市民福祉課
0244-46-2113

小高区役所 市民福祉課
0244-44-6711

50cc超から
90cc以下

2,000円

90cc超から
125cc以下

2,400円

ミニカー(三輪以上)

3,700円

小型特殊

農耕作業用で

時速35km未満

2,400円

その他
(フォークリフトなど)

5,900円

輪の小型自動車(※)

6,000円

東北運輸局 福島運輸支局
050-5540-2015

軽二輪(※)

125ccを超え

250cc以下

3,600円

一般社団法人 全国軽自動車協会連合会 福島事務所
024-546-2577

軽自動車(三輪以上)の税率

 三輪以上の軽自動車は、平成27年4月1日以降に新車新規登録した車両から新税率が適用されます。また、最初の新車新規登録から13年を経過した三輪以上の軽自動車は、重課税率が適用になります。

区分

税率

登録場所

平成27年3月31日以前に初度検査を受けたもの

平成27年4月1日以後に初度検査を受けたもの

(新税率)

初度検査から13年経過したもの

(重課税率)

軽自動車(※)

軽三輪

660cc以下

3,100円

3,900円

4,600円

軽自動車検査協会
 福島事務所

050-3816-1837

軽四輪

(660cc以下)

貨物

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

乗用

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

※軽自動車(軽二輪、軽三輪、軽四輪)及び、二輪の小型自動車の登録等については、南相馬自家用自動車組合(南相馬市原町区南町四丁目44番地 電話 0244-23-2850)でも手続きができます。
※「軽自動車等を取得した」、「住所を変更した」など申告事項に変更があった場合は15日以内、軽自動車等を廃車、譲渡した場合は30日以内にそれぞれの登録場所において手続きをお願いします。

三輪及び四輪の軽自動車にグリーン化特例(軽課)について

 平成30年度課税時に、三輪及び四輪の軽自動車で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

適用条件

 平成29年4月1日から平成30年3月31日の間に初度検査を受けた三輪及び四輪の軽自動車で、次の(1)~(3)いずれかの基準を満たす車両については、平成30年度分の軽自動車税に限り、グリーン化特例(軽課)が適用されます。

(1) 電気自動車・天然ガス軽自動車(平成21年排出ガス10%低減)
(2) 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+30%達成車
   貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
(3) 乗用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成32年度燃費基準+10%達成車
   貨物用:平成17年排出ガス基準75%低減達成(★★★★)かつ平成27年度燃費基準+15%達成車
※(2)、(3)については、ガソリンを内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。
※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

 例(『初度検査年月』が平成29年4月から平成30年3月の車両についての税率表)

車種区分

平成30年度(軽課)

平成31年度~

平成42年度

平成43年度

以降

(1)75%軽減

(2)50%軽減

(3)25%軽減

税率

重課税率

三輪(660 cc以下)

1,000 円

2,000 円

3,000 円

3,900 円

4,600 円

四輪以上660cc以下

乗用

自家用

2,700 円

5,400 円

8,100 円

10,800 円

12,900 円

営業用

1,800 円

3,500 円

5,200 円

6,900 円

8,200 円

貨物

自家用

1,300 円

2,500 円

3,800 円

5,000 円

6,000 円

営業用

1,000 円

1,900円

2,900 円

3,800 円

4,500 円

減免制度

 身体障がい者等の方のために使用される軽自動車等には、申請により軽自動車税が減免される制度があります。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

軽自動車税の減免制度について

軽自動車税Q&A

Q.1
 軽自動車を所有してないが「軽自動車税納税通知書」がきました。

A.1
 バイクをお持ちではないでしょうか?
 軽自動車税は、三輪・四輪の軽自動車のほか、軽二輪(125ccを超え、250cc以下の二輪車)、二輪の小型自動車(250ccを越える大型の二輪車)、原動機付自転車(125cc以下のバイク)、小型特殊自動車などの所有者または使用者に課税される税金です。
 また、自分では所有していないつもりでも、お子さんの使用するバイク登録の名義人があなたになっていることもありますので、ご確認ください。


Q.2
 廃車(譲渡)の手続きをしたのに税金の通知がきました。

A.2
 軽自動車税は、毎年4月1日(賦課期日)現在、原動機付自転車、軽自動車等を所有または使用者している方に課税されます。
 したがって、4月2日以降に廃車や譲渡したとしても、その年度の税金は納めていただくことになります。

譲渡した場合

 4月1日以前に譲渡したにもかかわらず税金の通知がきた場合は、譲り受けた方が名義変更等の手続きをしていないことが考えられます。その場合には、至急手続きをした上で軽自動車税を納付してください。

解体した場合

 4月1日以前に業者に依頼して解体したのに納税通知書が届く場合も、廃車手続きをしていないことが考えられます。
 資格のある解体業者の発行する「解体証明書」を提示していただくことで、解体日に遡り廃車とします。市までご連絡ください。

 ※なお、廃車(譲渡)の手続きをしない場合、来年度もあなたに課税されます。


Q.3
 原動機付自転車の持ち主が転々としてしまい所在が不明です。
 納税しなければならないのでしょうか?

A.3
 友人や知人に譲ったつもりのバイクが、転々とし所在が分からなくなってしまった場合でも、あなたの納税義務は消滅しません。
 このような場合は、事情をお聞かせいただいたうえで登録抹消可能な場合があります。市までお問合せください。


Q.4
 納期限を過ぎてしまった税金の支払い方法を教えてください。

A.4
 納期限を過ぎていても、お手持ちの「納税通知書」で納税はできます(コンビニ払いは6月30日まで)。しかしお支払が遅れると「延滞金」が加算される場合があります。
 なお、車検用納税証明書の有効な期限や、納付可能な金融機関については「納税通知書」に記載されています。


Q.5
 軽自動車税の納税通知書を紛失してしまいました。

A.5
 軽自動車税を支払う為の納付書(納税通知書)を再発行いたしますので、市までお問い合せください。


【問い合わせ先】

  • 南相馬市役所  税務課収納係     電話 0244-24-5228
  • 鹿島区役所   市民福祉課税務係   電話 0244-46-2112
  • 小高区役所   市民福祉課税務係   電話 0244-44-6715

Q.6
 すでに使用していない(乗れない)のに税金を払わなければいけないのでしょうか?

A.6
 
軽自動車税は、軽自動車を所有していることに対して課税される税金で、毎年4月1日に所有または使用している方に課税されます。
 使用不能で放置されているような場合でも、廃車手続きをしないと軽自動車税は課税され続けます。
 また、所有することに対して課税されますので、「しばらく乗るつもりはないが所有したまま」の場合でも税金は納付していただくことになります。


Q.7
 車検を受けたいのですが、車検用の納税証明書をなくしてしまいました。

A.7
 車検を受けるためには、納税証明書(継続検査用)が必要です。
 納税証明書(継続検査用)を紛失された場合は、市役所市民課もしくは、各区役所市民福祉課の窓口で申請してください。
 軽自動車税を納付いただいていれば、その場で交付も可能です。(無料)


Q.8
 原動機付自転車を持っています。引っ越した場合、どうすればよいでしょうか?

A.8
 転出・転入の申告を行い、次のとおりナンバープレートを変更する必要があります。

南相馬市へ転入した方

 他市町村から転入し、引き続き南相馬市内でバイクを使用する場合は、「南相馬市」のナンバーに変えなければなりません。市役所市民課もしくは、各区役所市民福祉課で手続きをしてください。
 必要なものは次のとおりです。

前の市町村で廃車手続きが済んでいる場合

  1.標識交付申請書(窓口にあります)
  2.所有者の印鑑
  3.廃車証明書(前の市町村で交付されたもの)

前の市町村のナンバープレートがまだついている場合

  1.標識交付申請書(窓口にあります)
  2.所有者の印鑑
  3.ナンバープレート
  4.標識交付証明書(前の市町村で交付されたもの)

(注)「標識交付証明書」は、所有者の住所・氏名、ナンバープレートの番号、車台番号等が記載された、
  バイクの登録時に市町村長が発行した書類です。
  この手続きを行えば、前の市町村へご自身が廃車申請をする必要はありません。

市外へ転出された方

 南相馬市で廃車手続きをし、転出先の市町村の窓口で登録手続きをしてください。
 必要なものは次のとおりです。
  1.廃車申告書(窓口にあります)
  2.所有者の印鑑
  3.ナンバープレート
  4.標識交付証明書

※転出先の市町村でナンバープレートの返却と交付の手続きが出来る場合があります。

 南相馬市で廃車手続きを行わずに、転出先の市町村の窓口で南相馬市のナンバープレートの返却とその市町村のナンバープレートの交付手続きが同時に行える場合があります。この方法は、ほとんどの市町村で行っていますが、実施していない市町村もありますので、転出先(予定)の市町村に事前に確認してください。なお、この手続きを行った場合、転出先の市町村から南相馬市へ報告があります。

 必要なもの(詳細は、転出先の市町村にご確認ください。)
  1.所有者の印鑑
  2.ナンバープレート
  3.標識交付証明書(必ず)  

市内で転居された方

 住民票の転居届が出ていれば、軽自動車税の手続きは必要ありません。


Q.9
 軽自動車税は納付していますが、原動機付自転車を6月に廃車しました。
 税金は戻るのでしょうか?

A.9
 
軽自動車税は制度上、年税になっています。
 年度の途中で廃車にしたとしても、月割りでの税金の還付はありません。


Q.10
 原動機付自転車(バイク)を盗まれてしまいました。
 どのような手続きをすればいいのでしょうか? 

A.10
 まず最寄りの警察署又は交番、派出所に届け出てください。
 その際に、「盗難届受理番号」、「届出警察署名」、「届出日」を控えてください。
 以上の手続きを行った後に、印鑑とナンバープレートの弁償費(150円)を持参のうえ市役所市民課もしくは、各区役所市民福祉課で廃車の手続きをしていただきます。
 なお、盗難・紛失したバイクが見つかった場合は再登録が可能です。
 また、軽自動車税には月割り制度がないため、納めていただいた税金をお返しすることはありません。廃車の手続きをしないと、次年度以降も引続き課税されますのでご注意ください。


Q.11
 身体に障がいがあります。減免を受けることができるのでしょうか?

A.11
 
障がいの程度(身体障がい者・知的障がい者又は精神障がい者)により一定の条件を満たしていれば、1人につき1台(普通自動車・軽自動車・バイク等を含む。)減免を受けることができます。

 申請期限は、納期限の7日前までです。

 詳しくは「軽自動車税の減免制度」をご確認ください。