鳥インフルエンザに関する注意喚起

 平成28年12月2日、福島市内で発見された死亡野鳥(オオハクチョウ1羽)について、同日、簡易検査が実施され、鳥インフルエンザの「陽性」が確認されました。
 環境省が、簡易検査陽性検体を北海道大学で病原性の確定検査を実施した結果「高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出され、福島県から報告を受けました。
 鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて人には感染しないと考えられております。
 死亡した野鳥を発見した場合は、触ろうとせず市役所までご連絡をしてください。

留意事項

  • 死亡した野鳥に素手で触らない他、野鳥のいる公園等に行った際には、野鳥に近づきすぎず、靴で糞を踏まないよう十分注意してください。
  • 日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には、「手洗い」と「うがい」をする。
  • 不用意に野鳥を追い立てたり、捕まえない

野鳥との接し方について」(環境省ホームページ) 
  

詳しくは、下記のホームページをご覧ください。