平成30年度自家消費型太陽光発電促進支援事業補助制度のご案内

 市では、家庭での再生可能エネルギーの自家消費型(自産自消)設備導入を促進するため、太陽光発電システム、エネルギー管理システム(HEMS(ヘムス))、蓄電池システム及び電気自動車用充給電設備(V2H)を設置する方に対し、補助金を交付します。

※平成29年度の『家庭の創エネ・省エネ・蓄エネ促進支援事業』から平成30年度は『自家消費型太陽光発電促進支援事業』へと名称が変更になった他、制度内容が一部改正されました。

1.補助の対象機器

(1)住宅用太陽光発電システム
(2)HEMS(家庭用エネルギー管理システム)
(3)住宅用蓄電池システム
(4)V2H(電気自動車充給電設備)

2.補助の要件

共通(住宅用太陽光発電システム・HEMS・住宅用蓄電池システム・V2H)

  • 自ら居住する南相馬市内の住宅に対象機器(未使用品)を設置する方
  • 市内に住所を有する方(市内に住民票をお持ちの方)
  • 市税に滞納がない方
  • 過去に南相馬市から、同じ補助対象機器に対する補助金を受けていない方
    同じ機器に対する補助は一世帯一回限りです。ただし、東日本大震災により太陽光発電システムを減失した方を除きます。
  • 設置した機器に係る費用等の支払いが完了している方
  • 原則、申請者・購入(契約)者・電力受給契約者及び補助金振込先口座名が全て同一であること

住宅用太陽光発電システム

  • 電気事業者と太陽光発電の受給契約(系統連系電圧は低圧で、配線方法は余剰配線とした契約に限る)を締結した方
  • 10kW以上の太陽光発電システムを設置された方については、全量買取制度を利用していないもの
  • HEMS/蓄電池/V2Hのいずれか1つ以上と同時申請の方
  • 電力受給契約開始日又は、同時に申請するHEMS、蓄電池若しくはV2Hの設置完了日のいずれか早い日から180日以内のもの

HEMS

  • エコーネットライト規格を標準インターフェイスとして搭載しているもの

住宅用蓄電池システム

  • 定置用のリチウムイオン蓄電池のもの
  • 蓄電容量が1kWh以上のもの

V2H

  • 住宅据付のもの

◎HEMS、蓄電池又はV2Hの単独申請の補助金交付申請期限は、HEMS、蓄電池若しくはV2Hの設置完了日又は当該購入費の支払が完了した日(分割払の場合は、契約締結日)のいずれか遅い日から180日以内のものが対象
※工事完了後、概ね1カ月以内に申請してください。
 

3.補助金の額

(1)【住宅用太陽光発電システム】

 予定件数:160件程度
 1kWあたり45,000円(上限9.99kW 最大449,000円)
 ◎省エネ・畜エネ機器と同時申請((2)HEMS・(3)蓄電池・(4)V2Hのうち1つ以上を太陽光発電システムと併せて設置)の場合に限る

(2)【HEMS】

 予定件数:100件程度
 設置費用の1/3(補助上限額70,000円)

(3)【住宅用蓄電池システム】(1kWh以上)

 予定件数:60件程度
 設置費用の1/5(補助上限額250,000円)

(4)【V2H】

 予定件数:5件程度
 設置費用の1/5(補助上限額150,000円)

4.申請受付期間

(1) 申請受付期間:平成30年4月2日(月曜日)から平成31年3月29日(金曜日)まで
  ※受付時間:月曜日から金曜日の8時30分から17時15分まで
  (土・日曜日、祝日及びその他閉庁日は受付いたしません。)
  ※受付期間内であっても、予算額に達した時点で交付申請を締め切ります。
  ※工事完了後、概ね一ヶ月以内に申請してください。

5.申請書類

※詳細について、申請の手引き [877KB pdfファイル] も併せてご覧ください。

I.補助金の交付申請に必要な書類

(1) 共通書類(住宅用太陽光発電システム・HEMS・住宅用蓄電池システム・V2H)
  1. 自家消費型太陽光発電促進支援事業 補助金交付申請書兼事業実績報告書(様式第1号)
  2. 設置対象住宅の位置図
  3. 市税の完納証明書(未納の無いことを示す証明書) 
    ※納税証明書ではありませんのでご注意ください。
  4. 補助金振込先の通帳の写し
  5. 申請書チェックリスト
  6. その他(必要に応じて提出する書類)
  • 確約書 ※(住民票の住所と設置対象住宅の住所が異なる方・その他提出を要する場合)
  • 結線図 ※(太陽光パネルの設置が車庫の屋根上等、住宅以外の方)
  • 建売住宅証明書 ※(建売住宅を購入された方・その他提出を要する場合)
  • 財産処分承認申請書 ※(東日本大震災により対象システムを滅失された方)
(2) 住宅用太陽光発電システム

補助金の申請に必要な書類

  1. 住宅用太陽光発電システムの仕様が確認できる書類の写し
  2. 住宅用太陽光発電システムの設置に係る経費の内訳が記載された工事請負契約書
  3. 住宅用太陽光発電システムの設置にかかる領収書の写し
  4. 住宅用太陽光発電システムの保証書の写しまたは出力対比表
  5. 住宅用太陽光発電システム設置前のカラー写真(パネルの設置予定屋根が写った家全体の写真)
  6. 住宅用太陽光発電システム設置後のカラー写真とパワーコンディショナの写真(パネルが設置されていることが分かる家全体の写真と設置したパワーコンディショナとその品番等が分かる写真)
  7. 電気事業者と締結した電力受給契約確認書の写し
(3) HEMS(家庭用エネルギー管理システム)

  補助金の申請に必要な書類

  1. HEMSの仕様が確認できる書類の写しまたはカタログ等
  2. HEMSの設置にかかる領収書の写し
    ※設置に伴う工事以外の費用が含まれている場合は、別途明細を添付
  3. HEMSの保証書の写し
  4. HEMSの設置が確認できるカラー写真(設置した機器(計測ユニット、通信ユニット、モニター等)とその品番等が分かる写真)
(4) 住宅用蓄電池システム

補助金の申請に必要な書類

  1. 住宅用蓄電池システムの仕様が確認できる書類の写しまたはカタログ等
  2. 住宅用蓄電池システムの設置にかかる領収書の写し
    ※設置に伴う工事以外の費用が含まれている場合は、別途明細を添付
  3. 住宅用蓄電池システムの保証書の写し
  4. 住宅用蓄電池システムの設置が確認できるカラー写真(設置した機器とその品番等が分かる写真)
(5) V2H(電気自動車充給電設備)

補助金の申請に必要な書類

  1. V2Hの仕様が確認できる書類の写しまたはカタログ等
  2. V2Hの設置にかかる書類の写し
  3. V2Hの保証書の写し
  4. V2Hの設置が確認できるカラー写真(設置した機器とその品番等が分かる写真)
  5. 接続する自動車の車検証

II.申請書等様式

  1. 自家消費型太陽光発電促進支援事業 補助金交付申請書兼事業実績報告書(様式第1号) [75KB xlsxファイル]
  2. 確約書 [29KB docファイル]
  3. 建売住宅証明書 [31KB docファイル]
  4. 申請書類チェックリスト [13KB pdfファイル]
  5. 請求書(様式第3号) [58KB docファイル]
  6. 財産処分承認申請書(様式第4号) [61KB docファイル]

6.提出方法

(1) 申請書を新エネルギー推進課の窓口(西庁舎2階)まで持参する方法

  1. 本人または同居家族の方
    ⇒申請書に使用した印鑑を持参してください。
  2. 代理人の方
    ⇒申請書(様式第1号)の手続き代行者の欄に必要事項を全てご記入の上、申請してください。

(2) 申請書を郵送する方法
  郵送先:〒975-8686 南相馬市原町区本町2丁目27番地
             南相馬市復興企画部新エネルギー推進課宛
  ※郵送の場合は必ずチェックリストを添付してください。
  ※不備のある書類は受付になりません。(原則返送いたします。)

7.補助金交付の流れ

補助金交付申請手続きの流れ

8.関連リンク