特定健康診査等実施計画

特定健康診査等実施計画を変更しました。

 「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づいて医療保険者が実施する特定健康診査(以下「特定健診」という)及び特定保健指導は、内臓脂肪の蓄積に起因する生活習慣病の発症と重症化を予防することを目的としています。
 当市では、平成23年3月11日の東日本大震災による避難等により生活環境が大きく変わり、食生活の変化、運動不足等の問題から、高血圧症や糖尿病、脂質異常症等の生活習慣病の増加、及び脳血管疾患、心疾患、糖尿病性腎症などの生活習慣病の重症化が深刻な問題となっています。
 これらのことをふまえて、生活習慣病の予防と重症化予防のために特定健診の受診率及び特定保健指導利用率の向上を目指し、「第三期特定健診等実施計画」を策定しました。

特定健康診査等実施計画の内容