在宅の重度障がい児(者)の日常生活を容易にするため障がいの種類、程度等に応じて給付されます
世帯の所得状況に応じて、購入又は修理にかかる自己負担額は、費用の1割となりますが、非課税世帯の方の自己負担額は基準額内であれば無料となります。
 ただし、介護保険該当者は、用具の品目により介護保険制度が優先されます。

《日常生活用具の種類》

詳細についてはお問合せください。

視覚障がい者

拡大読書器、点字図書、点字タイプライター、歩行時間延長信号機用小型送信機、活字文書読み上げ装置等

聴覚障がい者

通信装置(FAX)等

音声言語障碍者

通信装置(FAX)、人工喉頭等

肢体不自由者

入浴補助用具、歩行支援用具、歩行補助つえ(一本杖のみ《T字・棒状つえ》)等

内部障がい者

ストマ用装具、吸入器、電気式たん吸引器等