令和元年度「多様な担い手育成・確保事業」申請受付について

更新日:2019年10月07日

市では、市内で新たに農業を営む農業者に対し、経営の不安定な就農初期段階を支援するため、令和元年度から新たに補助金を交付することとしました。

つきましては、事業を申請される方は、申請書及び添付書類を市へ提出してください。

事業概要

(1) 新規就農給付金事業

市内で新たに農業を営む方に対し、経営の不安定な就農初期段階を支援するため、最長3年間、年間最大48万円を交付します。

(注意)申請額が予算額を超えた場合、前年の所得等を考慮し、補助事業の採択者を調整する場合がありますのでご了承ください。

対象者

以下の要件を全て満たす農業者

①市内に住所を有する者
②市内で新たに農業を営む者
③50歳以上65歳未満の者
④青年等就農計画の認定を受けた者(注釈1)

(注釈1) 南相馬市農業経営改善計画等認定審査会において、青年等就農計画あるいは青年等就農計画と同等の計画(目標とする年間農業所得258万円程度、年間総労働時間1,900時間程度)であることが認定された者

助成措置

最長3年間、1月あたり40,000円(予算の範囲内)

申請に必要な書類

  • 農林水産業振興事業補助金交付申請書
  • 青年等就農計画あるいは青年等就農計画と同等の計画の認定書の写し

(2) 農業用機械購入支援事業

市内で新たに農業を営む方が野菜作、果樹作、花き作等の畑作物の生産・流通・販売等を行うために必要な機械を導入する経費の一部を補助します。

(注意)申請額が予算額を超えた場合、前年の所得等を考慮し、補助事業の採択者を調整する場合がありますのでご了承ください。

対象者

以下の要件を全て満たす農業者

①市内に住所を有する者
②市内で新たに農業を営む者
③経営面積が30アール以上、又は農産物販売金額が50万円以上の者

(注意)親元就農は除く。ただし親元就農であっても経理等により親との経営区分が明確になっている者で、新たな品目を作付し、販売に取り組む場合は補助対象とする。

助成措置

機械購入費用の4分の3以内(補助金上限額1,000,000円、予算の範囲内)

(注意)取得価格が100,000円未満の機械や、軽トラック等農業用以外に使うことができる汎用性の高い機械は補助対象外とする。

申請に必要な書類

  • 農林水産業振興事業補助金交付申請書
  • 平成31年度以降に農業を営んだことが分かる書類(農地台帳の写し等)

申請書様式等

この記事に関するお問い合わせ先

経済部 農政課 振興係

〒979-2195
福島県南相馬市小高区本町二丁目78(小高区役所2階)

直通電話:0244-44-6807
ファクス:0244-44-6047
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)