平成22年度 入札制度改革について

更新日:2018年12月25日

 本市の平成22年度の入札制度改革は、本市を取り巻く動向に注視しつつ、平成19年3月策定の「南相馬市入札制度改革基本方針」のうち、主としてこれまで未実施の改革への対応を行います。

 その概要は次のとおりです。

平成22年度入札制度改革の概要

1 総合評価方式

 公共工事の品質確保の促進を図るため、価格を含め工事成績や施工能力など多角的な要件を考慮して入札の落札者を決定する総合評価方式について、評価基準の要件整備等を行い、当該方式の早期導入を図ります。

2 随意契約

 入札・契約全般における随意契約の判断基準(ガイドライン)を作成し、更なる契約事務の適切な履行を図るとともに、随意契約締結の根拠と理由を公表し、随意契約の透明性の確保に努めます。

3 プロポーザル方式

 価格以外の多様な要件を評価し、契約の相手方を選定するプロポーザル方式について、より効果的かつ効率的に実施するために、適用基準(ガイドライン)を作成し的確な運用を図ります。 

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 財政課 契約係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎3階)

直通電話:0244-24-5225
ファクス:0244-24-5214
お問い合わせメールフォーム