第69回社会を明るくする運動啓発活動について

更新日:2019年08月20日

「社会を明るくする運動」は、犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせて犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動で、今年で69回目を迎えます。

本市では7月1日に道の駅南相馬で統一啓発集会を開催しました。

また、強調月間である7月中に鹿島区駅前や小高区駅前、各小中学校・高等学校にて啓発活動を実施しました。

犯罪や非行ない明るい社会づくりについて国民に理解と協力を求める内閣総理大臣メッセージの伝達

犯罪や非行ない明るい社会づくりについて国民に理解と協力を求める内閣総理大臣メッセージの伝達

県民の方々の理解と協力を求める福島県推進委員会委員長(福島県知事)メッセージの伝達

犯罪・非行の未然防止に加え、罪を犯した人や非行のある少年を温かな思いやりの心で励まし、その立ち直りを支える取組が重要です。

県民の方々の理解と協力を求める福島県推進委員会委員長(福島県知事)メッセージの伝達

園児が歌を披露している様子
園児がハワイアン・フラを披露している様子の写真

 

 

統一啓発集会終了後、原町聖愛こども園児によるアトラクションがありました。

園児のみなさんからは、歌「とんでいったバナナ」「たなばたさま」「ありがとうのうた」 、ハワイアン・フラ「ラブリーハンズ」を披露していただきました。

この記事に関するお問い合わせ先

こども未来部 こども家庭課 こども総合相談室

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(東庁舎1階)

直通電話:0244-24-5407
ファクス:0244-24-5740
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)