令和3年度 体験学習・講座等

更新日:2022年03月30日

終了した体験学習

香りの宝石せっけんを作ろう!

日時:5月3日(月曜日・祝日)10時30分から12時00分 定員:15人

講師:小林香代子氏(ライブラ香りの学校・福島校)

参加者の子供たち3人が液体を混ぜ合わせている様子
できあがったせっけんを切り分けている参加者の男の子
完成したせっけんを袋詰めしたところ。ラベルも同封している。

東ヶ丘公園で春の植物をさがそう

日時:5月3日(月曜日・祝日)13時30分から15時00分 定員:15人

講師:仲川邦広学芸員

講師の案内で園路沿いの植物をかがんだり立ちながら観察している
講師が採集した植物を観察する参加者2人
公園の石垣近くの植物について解説を聞く参加者たち

トンボDAY 第一部「トンボの観察会」

日時:8月1日(日曜日)10時30分から12時00分 定員:15人

講師:三田村敏正氏(福島虫の会)

講師から捕まえたトンボについて説明を受ける参加者親子
捕まえたトンボを手に持ちカメラに向かう参加者の少年
捕まえたトンボをカメラに見せる参加者の少女

トンボDAY 第二部「水彩、コラージュを楽しもう」「空気に絵を描こう」

日時:8月1日(日曜日)14時00分から15時30分 定員:15人

講師:小原風子氏(アーティスト)

カラフルなトンボの絵が描かれている画用紙
大きなガラス窓に透明なビニールを張ってトンボの絵を描いているところ
白い画用紙にコラージュしたトンボの絵が描かれている

勾玉を作ろう!

日時:8月8日(日曜日)10時00分から12時00分 定員:15人

講師:荒淑人学芸員

滑石を紙やすりで削る参加者の男の子
女の子が手前に座り滑石を削り、奥に男の子が座って滑石を削っている
完成した勾玉を手に持ってカメラに向かう男の子

葉っぱのノート作り

日時:8月9日(月曜日・振替休日)10時00分から12時00分 定員:15人

講師:仲川邦広学芸員

新聞紙を広げて参加者に標本の作り方を教える講師
机の上に新聞紙が敷いてあり、そこにたくさんの葉っぱが並んでいるのを見て選ぶ参加者の男の子
葉っぱの図鑑を見ながら標本を作る参加者の男の子2人

化石のレプリカを作ろう!

日時:9月12日(日曜日)10時00分から12時00分 定員:15人

講師:八巻安夫氏、荒好氏(相馬中村層群研究会)

シリコン製の型に樹脂粘土を詰めている小さな女の子と手伝うその母親
完成したレプリカ4つが並んでいるところ
参加者全員と講師が前後2列に並び、作ったレプリカを持って記念撮影をしている様子

秋のキノコを観察しよう

日時:10月3日(日曜日)10時00分から12時00分 定員:15人

講師:本多隆氏(福島きのこの会)他

発見したキノコを手に持ちカメラに見せる参加者の女の子
採ってきたキノコについて室内で解説する講師とそれを聞く参加者やち
新聞紙の上に採ってきたキノコを並べてある様子

蓄音機コンサート

日時:10月10日(日曜日)13時30分から14時30分 定員:30人

講師:佐藤晴美氏(蓄音機愛好家)、二本松文雄学芸員

蓄音機の解説をする講師の男性とそれを聞く受講者
会場の一番前に蓄音機が6台並べられている
女性の講師が蓄音機の前で解説し、それを聞く受講者たち

化石をさがそう

日時:11月7日(日曜日)13時30分から15時30分 定員:20人

講師:平宗雄氏(博物館収集展示委員)、八巻安夫氏(相馬中村層群研究会)

参加者の男の子がしゃがんでハンマーとくさびを使って岩を砕いているところ。保護者が岩を押さえている。
女の子が採集した化石が入った岩を持って、カメラに向かっている様子。
参加者と講師の全員の写真。

冬の野鳥を観察しよう

日時:12月4日(日曜日)9時30分から12時00分 定員:15人

講師:遠藤政弘氏(日本野鳥の会南相馬代表)、佐藤慎一氏(日本野鳥の会南相馬会計)、仲野内尚氏(日本野鳥の会南相馬幹事)

始まる前に参加者に話をする講師
望遠鏡で見えた鳥3羽
参加者たちが横一列になって望遠鏡で鳥を観察している後ろ姿遠景

正月飾り作り

日時:12月25日(土曜日)13時30分から15時30分 定員:15人

講師:高田求幸氏(博物館資料調査協力員)

ホワイトボードに注連縄を貼り、作る手順を解説してある
講師が前方中央に立って作り方を解説し、間隔を取りながらブルーシートの上に座ってそれを聞く受講者たち
完成した正月飾りを持って記念撮影する講師と受講者たち

勾玉を作ろう!

日時:3月13日(日曜日)10時00分から12時00分 定員:15人

講師:荒淑人学芸員

勾玉となる白い滑石という石を紙やすりの上で削っている女の子
完成した勾玉を持ってホワイトボードの前に一列に並ぶ参加者の子どもたち8人
完成した勾玉を手に持ち、内側を向いて円形に集まる子どもたちを上から撮影したところ

プラスチック標本でペンダントを作ろう!

日時:3月20日(日曜日)13時30分から15時00分 定員:15人

講師:樋口晴菜学芸員

標本の作り方を解説する講師の話を聞く受講者の親子2組
完成したプラスチック標本のペンダントを首に下げてポーズをとる参加者の女の子2人
完成したプラスチック標本のペンダントを手に持っている様子

化石をさがそう

日時:3月27日(日曜日)13時30分から15時30分 定員:20人

講師:平宗雄氏(博物館収集展示委員)、八巻安夫氏(相馬中村層群研究会)

講師が参加者へ石を手にして解説しているところ。
山の斜面で指を指して参加者へ説明する講師
足元に石や岩がたくさん転がっているところで化石を探す参加者たち

終了した博物館講座

古文書をよむ「鎌倉時代の相馬氏①~源頼朝と相馬師常~」

日時:5月15日(土曜日)13時30分から15時30分 定員:30人

講師:岡田清一氏(東北福祉大学大学院嘱託教授)

博物館のシアターを会場に登壇した講師の話を座って聞く受講者
講師が身振りをしながら受講者に解説する様子

古文書をよむ「鎌倉時代の相馬氏②~義胤・胤綱と執権政治~」

日時:8月21日(土曜日)13時30分から15時30分 定員:30人

講師:岡田清一氏(東北福祉大学大学院嘱託教授)

シアターで壇上の講師の話を聞く参加者たち
黒板を使いながら解説する講師とそれを聞く参加者たち

野馬追の旗について

日時:8月22日(日曜日)13時30分から15時30分 定員:30人

講師:二上裕嗣氏(相馬野馬追保存専門委員長)

シアターの前方の壇上の机に座って話す講師と受講者たち
座って話をする講師。机の上にはアクリル板とマイクがある。

古文書をよむ 「鎌倉時代の相馬氏③~相馬胤村の所領配分~」

日時:9月18日(土曜日)13時30分から15時30分 定員:30人

講師:岡田清一氏(東北福祉大学大学院嘱託教授)

博物館のシアターで講師の話を聴く受講者たちの様子
壇上に立ち黒板を使って解説をする講師と椅子に座りそれを見聞きする受講者たち

古文書をよむ「鎌倉時代の相馬氏④~所領をめぐる一族の争い~」

日時:11月20日(土曜日)13時30分から15時30分 定員:30人

講師:岡田清一氏(東北福祉大学大学院嘱託教授)

博物館のシアターで講師の話を聴く受講者たちの様子
黒板を指さしながら解説する講師

古文書をよむ「鎌倉時代の相馬氏⑤~相馬氏の奥州移住~」

日時:3月12日(土曜日)13時30分から15時30分 定員:36人

講師:岡田清一氏(東北福祉大学大学院嘱託教授)

博物館のシアターで講師の話を聴く受講者たちの様子
黒板を使って解説する講師

猫の浮世絵を愉しむ

日時:3月21日(月曜日・祝日)11時00から12時00分 定員:36人

講師:則武広和氏(猫浮世絵愛好家)

古文書をよむ「鎌倉時代の相馬氏⑥~幕府滅亡前後の相馬氏~」

日時:3月26日(土曜日)13時30分から15時30分 定員:36人

講師:岡田清一氏(東北福祉大学大学院嘱託教授)

博物館のシアターで講師の話を聴く受講者たちの様子
博物館のシアターで講師の話を聴く受講者たちの様子

江戸・猫の魅力と漫画の楽しみ方

日時:3月27日(日曜日)13時30分から14時30分 定員:36人

講師:(やま)(むら)(はる)(漫画家 相馬市出身 代表作『猫奥』)

終了したバスツアー・講演会等

バスツアー「ブラハラマチ ~原町はなぜ野馬追の里になった?~」

日時:5月8日(土曜日)9時00分から12時00分 定員:10人

講師:二上文彦学芸員

博物館屋外展示の蒸気機関車の脇にある野馬土手の前で解説をしているところ
旧本陣(本陣山)で解説をしている様子
夜の森(夜の森公園)で解説をする様子

講演会「歴史としての東日本大震災 ―口碑伝承をおろそかにするなかれ―」

日時:6月13日(日曜日) 13時30分から14時30分 定員:30人

講師:岩本由輝氏(東北学院大学名誉教授)

博物館のシアターで演台で話をする講師と受講者たち
演台で話をする講師
演台で話をする講師

講演会「中村藩と近代のはじまり」

日時:12月11日(土曜日) 13時30分から15時00分定員:30人

講師:森晃洋学芸員

博物館のシアターで企画展「中村藩と近代のはじまり」について解説する担当学芸員
企画展の解説をする担当学芸員とそれを聞く受講者たち
この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 文化財課 博物館

〒975-0051
福島県南相馬市原町区牛来字出口194

電話:0244-23-6421
ファクス:0244-24-6933
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)