平成29年度 体験学習・講座等

更新日:2018年12月25日

終了した体験学習

終了した体験学習の年間表
日時 内容
4月23日(日曜日) 「化石のレプリカを作ろう!」【1】
5月20日(土曜日) 「海辺の観察会(草花と虫)」【2】
5月27日(土曜日) 「香りのてごねせっけんを作ろう!」【3】
6月11日(日曜日) 「紙芝居 玉都(たまいち)と大蛇ほか」【4】
7月8日(土曜日) 「わら工芸 わら馬」【5】
7月16日(日曜日) 「葉っぱのコレクションノートを作ろう」【6】
8月20日(日曜日) 「化石の標本を作ろう!」【7】
8月26日(土曜日) 「自然観察会(コウモリと外来動物)」【8】
9月3日(日曜日) 「いきものの消しゴムスタンプをつくろう」【9】
9月10日(日曜日) 「勾玉を作ろう!」【10】
10月9日(月曜日) 「ミュージアムキッズ!フェア in みなみそうま」【11】
11月3日(金曜日) 「野の花をとじこめたペンダントを作ろう」【12】
12月23日(土曜日) 「注連(しめ)飾り作り」【13】
3月18日(日曜日) 「コハクをとってみよう!」【14】
4月23日に実施された体験学習「化石のレプリカを作ろう!」に参加した男児の写真。つばを後ろ向きにして帽子を被り、両手に材料を持っている写真です。

【1】

5月20日に実施された体験学習「海辺の観察会(草花と虫)」の、様子。10名程の参加者が講師と共に水路を観察している写真です。

【2】

5月27日に実施された体験学習「香りのてごねせっけんを作ろう!」に参加した女児の写真。工作中のテーブルに向かいながらこちらにピースをしている写真です。

【3】

6月11日(日曜日)に実施された体験学習「紙芝居 玉都(たまいち)と大蛇ほか」の写真。昔ながらの木枠の紙芝居セットで読まれる物語をパイプ椅子に座って参加者が耳を傾けている写真です。

【4】

7月8日に実施された体験学習「わら工芸 わら馬」の写真。室内に敷かれたブルーシートの上に座っている参加者がわらを使って小さな馬を作てっている様子が写っています。

【5】

7月16日に実施された体験学習「葉っぱのコレクションノートを作ろう」の写真。テーブルの上に植物の図鑑や本、葉っぱを広げ、はさみなどを使いながらコレクションノートを作っている女児とそのお母さんの写真です。

【6】

8月20日に実施された体験学習「化石の標本を作ろう!」に参加中の男児の写真。大きな透明のゴーグルをかけ、ハンマーを右手に、男児の手ほどの大きさの化石に向かっている写真です。

【7】

9月3日に実施された体験学習「いきものの消しゴムスタンプをつくろう」当日の様子が「スタンプをつくる手本を見せる講師の周りにあつまる子供たち」「男性講師にデザインを教わる女児」「ドングリや餅つきをする月のうさぎなどの完成したスタンプ」の3カットが写っている写真です。

【9】

8月26日に実施された体験学習「自然観察会(コウモリと外来動物)」の写真。神社の境内で講師の説明を聞く参加者が写っています。

【8】

9月10日に実施された体験学習「勾玉を作ろう!」に参加中の男児の写真。水色ボーダーのTシャツをきたいがぐり頭の少年が完成した水色の勾玉ネックレスを見せてくれている写真です。

【10】

10月9日に実施された体験学習「ミュージアムキッズ!フェア inみなみそうま」に参加中の親子の写真1。ノリや画用紙などの工作材料が用意された長テーブルで作業をする男児、その後ろでは母親が見守っている様子が写っています。

【11】

10月9日に実施された体験学習「ミュージアムキッズ!フェア inみなみそうま」に参加中の親子の写真2。室外の工作エリアで何かを作っている講師と女児、それを近くで見守っている人たちの様子が写っています。

【11】

10月9日に実施された体験学習「ミュージアムキッズ!フェア inみなみそうま」に参加中の親子の写真3。室内で開催されている絵画教室に参加している親子の様子が写っています。

【11】

10月9日に実施された体験学習「ミュージアムキッズ!フェア inみなみそうま」に参加中の親子の写真4。屋外に設置されている水槽で魚を観察する帽子を被った女児が写っています。

【11】

11月3日に実施された体験学習「野の花をとじこめたペンダントを作ろう」に参加中の男児の写真1。長テーブルに敷かれた新聞紙の上に広げられた花を選ぶ様子が写っています。

【12】

11月3日に実施された体験学習「野の花をとじこめたペンダントを作ろう」に参加中の男児の写真2。赤色や黄色い野の花をとじこめた、完成ペンダントが3つ、水色の工作マットの上に並べられています。

【12】

12月23日に実施された体験学習「注連(しめ)飾り作り」の写真。年配の男女が前列7名・後列10名の2列に分かれて整列し、完成した注連(しめ)飾りを手にしている集合写真。

【13】

3月18日に実施された体験学習「コハクをとってみよう!」に参加中の少年の写真。長テーブルに座っている少年が3粒のコハク?のような粒を右の掌に載せてこちらに見せてくれている写真です。その右横には小さな子供がピースをしてこちらを向いています。

【14】

終了した博物館講座、史跡めぐり

終了した博物館講座、史跡めぐりの年間表
日時 内容
5月14日(土曜日) 「奥相三十三所観音霊場巡り」【1】
6月24日(土曜日) 「ためになる野馬追雑学」【2】
7月22日(土曜日) 「相馬の武士の備え」【3】
10月21日(土曜日) 「海辺の自然と文化」【4】
2月24日(土曜日) 「相馬地方の民俗の魅力」【5】
3月3日(土曜日) 「オヤツや食べ物の中の生き物をさがそう!」【6】
5月14日に実施された史跡めぐり「奥相三十三所観音霊場巡り」の写真。雨天の中色とりどりの傘をさした参加者が霊場巡りをしている様子が写っています。

【1】

6月24日に実施された博物館講座「ためになる野馬追雑学」の写真。セミナールームのような室内で30名近くの参加者が講師の話に耳を傾けている様子が写っています。

【2】

7月22日に実施された博物館講座「相馬の武士の備え」の写真。灯りを落とした室内でスクリーンに映し出された画像を元に話をする講師と参加者の様子が写っています。

【3】

10月21日に実施された史跡めぐり「海辺の自然と文化」の写真。雨天の中ビニール傘をさした参加者が高台にある神社の境内で、講師の話に耳を傾けている様子が写っています。

【4】

2月24日に実施された博物館講座「相馬地方の民俗の魅力」の写真。スクリーンに映された資料と話をする講師、年配の参加者10名程度の様子を室内の後ろから撮影した写真です。

【5】

3月3日に実施された史跡めぐり「オヤツや食べ物の中の生き物をさがそう!」の写真。講師の話に耳を傾けている女性参加者約5名の様子が正面斜め右から参加者に向けて写っています。講師のわき机には複数の資料が並べられています。

【6】

終了したその他講演会等

終了したの他講演会等の年間表
日時 内容
9月9日(土曜日) 映像記録上映会「鶏足神社の浜下り」【1】
11月25日(土曜日) 東北の押し葉標本展「展示解説会」【2】
11月26日(日曜日) 東北の押し葉標本展関連講演「東日本大震災の津波跡地の植物の変化」【3】
1月13日(土曜日) 特別展記念講演会「凧の楽しみ方」【4】
1月14日(日曜日) 特別展記念講演会「凧の楽しみ方」【5】
9月9日に実施された映像記録上映会「鶏足神社の浜下り」の写真。大きなスクリーンを背に話を行う講師に耳を傾けている高齢の参加者の様子が様子が写っています。

【1】

11月25日に実施された東北の押し葉標本展「展示解説会」の写真。展示室の壁側に展示された押し葉標本を囲んで講師の話に耳を傾けている参加者の様子が写っています。

【2】

11月26日に実施された東北の押し葉標本展関連講演「東日本大震災の津波跡地の植物の変化」の写真。スクリーンに映った資料を基に話を行う講師に耳を傾けている、室内いっぱいの高齢の参加者の様子が様子が写っています。

【3】

1月13日に実施された特別展記念講演会「凧の楽しみ方」の写真。薄暗く灯りが落とされた室内の展示ケースに飾られた凧について説明する講師の話に耳を傾ける参加者の様子が写っています。

【4】

1月14日にも実施された特別展記念講演会「凧の楽しみ方」の写真。間接照明に照らされた室内に展示中の凧について説明する講師に耳を傾ける参加者の様子が写っています。天井からは大きな歌舞伎化粧をした顔の形の凧が1つ、ぶら下がっています。

【5】

登録日: 2017年4月1日 /  更新日: 2018年2月2日

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 文化財課 博物館

〒975-0051
福島県南相馬市原町区牛来字出口194

電話:0244-23-6421
ファクス:0244-24-6933
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)