講演会 令和2年4月18日「鷺内遺跡のクルミかごからわかった縄文人の植物利用」

更新日:2020年04月13日

新型コロナウィルス感染症の感染拡大防止のため、延期となりました。

南相馬の縄文人たちは、どのような生活をしていたのでしょう。鷺内(さぎうち)遺跡(鹿島区)から見つかったクルミかごを中心に紹介します。

日時

4月18日(土曜日) 13時30分から15時00分

定員

80人(先着順)

講師

佐々木由香氏(明治大学黒耀石研究センター)

対象

一般

参加費

無料

持ち物

なし

場所

博物館 シアター

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 文化財課 博物館

〒975-0051
福島県南相馬市原町区牛来字出口194

電話:0244-23-6421
ファクス:0244-24-6933
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)