新型コロナウイルス感染症に対する市長メッセージ

更新日:2021年09月17日

【令和3年9月14日】市長メッセージ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けて、様々なご協力をいただいている市民の皆様に心から感謝申し上げます。

ご案内のとおり、福島県は「福島県新型コロナウイルス感染症非常事態宣言」を令和3年9月30日まで延長しました。
このことに伴い、県全域に対する「不要不急の外出自粛要請」及び「酒類を提供する飲食店等への営業時間の短縮要請」などの独自の集中対策についても、9月30日まで延長(注意)となっていますので、引き続き、皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。
(注意)県独自の集中対策については、県内の人口10万人当たりの新規感染者数が継続して一桁台に抑制された場合などに、期限を待たずに先行して解除される可能性があります。

市内では、9月1日から9月14日までの間に11名(10代以下4名、20代~50代4名、60代以上3名)の新型コロナウイルスの陽性者が確認されました。相双保健所では、濃厚接触者だけではなく広い範囲を対象にPCR検査を実施しており、市独自のPCR検査も含め、150件以上の検査を実施しています。既に濃厚接触者等の特定は完了しており、このまま推移すれば、1日からの一連の感染は収束するものと考えています。感染の広がりを抑えることができたのは関係者の適切な対応と、市民の皆様が不要不急の外出自粛やマスクの着用、手指衛生などの感染対策にご協力いただいているおかげです。改めて感謝申し上げます。

さて、9月の一連の感染の特徴は家庭内感染です。デルタ株に置き換わって以降、これまで感染しにくいとされてきた子供たちの感染も確認されています。また、一旦家庭で感染者が確認されると、一気に家族に感染が広がるような状況です。
まずは、家庭に持ち込まない行動が必要ですし、ワクチンの接種が完了していない方については、ぜひ接種について積極的な検討をお願いいたします。接種の対象となっていない幼児、児童を守るためにも、ご理解とご協力をお願いいたします。

今週末からはいわゆるシルバーウィークとなります。祝日に合わせ休暇を取る方もいらっしゃると思います。繰り返しのお願いで大変恐縮ですが、不要不急の外出の自粛や都道府県をまたぐ旅行や帰省等の中止・延期など、感染状況に応じた行動をお願いいたします。

一方、「ワクチン・検査パッケージ」ということで行動制限緩和の議論も始まっています。
新型コロナウイルス対策について、市民の皆様の引き続きのご理解・ご協力を重ねてお願いいたします。

令和3年9月14日 17時00分
南相馬市長 門馬和夫

今までの市長メッセージ

(注意)マスクについては、4月17日より順次郵送していますが、到着まで時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

過去の動画

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 秘書課 秘書係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎3階)

直通電話:0244-24-5221
ファクス:0244-23-7425
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)