新型コロナウイルス感染症に対する市長メッセージ

更新日:2021年03月19日

4者合同メッセージ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けて、様々なご協力をいただいている市民の皆様に心から感謝申し上げます。

市内では、2月下旬から、過去最多を記録した1月の31名に迫る勢いで連日新たな陽性患者が確認されております。最近の傾向として、感染経路の特定に至っていない方の割合が増加しており、これは、今や市内でいつ誰が感染してもおかしくない状況にあることを示しております。

現在、国内でも治療薬の実用化に向けた治験や臨床研究が進められていますが、まだ有効性が確立した治療薬がない現状においては、マスクの着用、手指消毒、3密の回避、不要不急の外出を控えることなど感染防止対策の徹底を継続していくことが何より重要です。

市民の皆さまには、これまでも様々な感染防止対策に努めていただいているところですが、自分自身や大切な家族の命を守るために、今後も気を緩めることなく、感染防止対策の徹底にご協力いただきますよう、強くお願いいたします。

家庭内での感染対策の徹底

  • 食事は、大皿料理を控える、専用の取り箸を使用する
  • こまめな手指消毒(外から帰った時、食事の前、トイレの後など)
  • よく触る部分(蛇口、ドアノブ、電気のスイッチなど)のこまめな消毒
  • 洗面所での密を避け、タオル・コップの共用は控える
  • 体調が悪い場合は、外出を控えすぐに医療機関を受診する

職場内での感染対策の徹底

  • 食事の時は、密を避け、会話を控える
  • マスク着用を徹底する(あごマスク、鼻出しマスクはしない)
  • 手指消毒の徹底(入口、トイレ前、人が集まるスペースなど)
  • 移動中(車中など)、喫煙所、更衣室、休憩室での感染対策の徹底
  • 換気の徹底(常に空気が外に出るような流れを作る)
  • 健康チェックの徹底(検温、体調管理など)
  • 入社式、人事異動に伴う研修や打ち合わせ等はリモートでの実施を検討
  • 飲食を伴う歓送迎会や花見等の自粛

令和3年3月19日 17時00分現在

南相馬市長 門馬和夫 相馬郡医師会南相馬支部長 新道譲二

福島県相双保健所長 伊藤 理 南相馬市立総合病院長 及川友好

市長メッセージ<市職員の新型コロナウイルスへの感染と本庁舎の臨時閉庁ついて>(3月18日発表)

昨日、3月17日、原町区本庁舎勤務の職員1名のコロナ感染が確認されました。当該職員は、窓口業務には従事しておらず、業務上、市民の皆さまとの接触はありませんでした。勤務していた本庁舎は昨日、一時閉鎖し、消毒を完了しました。市民の皆さまにご心配とご不便をおかけし、誠に申し訳ありません。

市内での感染が続いています。

職員にも再度、感染防止対策の徹底を指示しました。

市民の皆さまには、日頃より感染対策にご協力いただき、感謝申し上げます。引き続き感染地域との往来や、普段会わない人との飲食の自粛などの徹底をお願いいたします。

これから春の、人との往来が増える季節となります。なお一層のご注意をお願いします。

令和3年3月18日

南相馬市長 門馬和夫

今までの市長メッセージ

(注意)マスクについては、4月17日より順次郵送していますが、到着まで時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

過去の動画

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 秘書課 秘書係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎3階)

直通電話:0244-24-5221
ファクス:0244-23-7425
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)