計画的避難区域・警戒区域の設定

更新日:2019年03月30日

計画的避難区域

 福島第一原子力発電所から半径20キロメートル以遠の周辺地域において、気象条件や地理的条件により、同発電所から放出された放射性物質の累積が局所的に生じ、積算線量が高い地域が出ています。これらの地域に居住し続けた場合には、積算線量がさらに高水準になるおそれがあります。
 このため、国際放射線防護委員会(ICRP)と国際原子力機関(IAEA)の緊急時被ばく状況における放射線防護の基準値(年間20~100ミリシーベルト)を考慮して、事故発生から1年の期間内に積算線量が20ミリシーベルトに達するおそれのある区域が『計画的避難区域』に設定されました。
 これにより、次の区域にお住まいの方は、今後1ヶ月を目途に区域外への避難をお願いします。

福島第一原子力発電所の半径20キロメートルから30キロメートル圏内のうち右記の区域

  • 高倉のうち、字助常、字吹屋峠、字七曲、字森、字枯木森
  • 馬場のうち、字五台山、字横川、字薬師岳
  • 片倉のうち、字行津
  • 大原のうち、字和田城

警戒区域

 平成23年4月21日、原子力災害対策本部長(内閣総理大臣)から、「警戒区域の設定について」の指示がありました。
 指示の内容は、平成23年4月22日午前0時より『福島第一原子力発電所の半径20キロメートル圏内を警戒区域に設定し、緊急事態応急対策に従事する者以外の者に対して、市長が一時的な立ち入りを認める場合を除き、当該区域への立ち入りを禁止し、又は当該区域からの退去を命ずる』というものです。
 市ではこの指示を受けて次の区域を警戒区域に設定し、警察との綿密な調整のもと、立ち入りを制限するための障害物を設置しました。

小高区

  • 全域

原町区

  • 小沢
  • 堤谷
  • 江井
  • 下江井
  • 小木迫
  • 鶴谷
  • 高のうち、字町田、字北ノ内、字北川原、字山梨、字高田、字舘ノ内、字弥勒堂、字薬師堂、字御稲荷、字花木内、字鍛冶内、字中平、字大久保前、字原、字権現壇、字高林
  • 米々沢
  • 小浜のうち、字間形沢を除く地域
  • 雫のうち、字袖原
  • 大甕のうち、字田堤、字森合、字森合東、字観音前

参考リンク

この記事に関するお問い合わせ先

復興企画部 危機管理課 防災係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(西庁舎2階)

直通電話:0244-24-5232
ファクス:0244-23-2511
お問い合わせメールフォーム