旧警戒区域内の産業廃棄物の取扱いについてのお知らせ

更新日:2019年01月10日

 南相馬市の旧警戒区域が平成24年4月、「避難指示解除準備区域」、「居住制限区域」及び「帰還困難区域」に再編され、旧警戒区域内の事業活動につきましては、避難指示解除準備区域では、復旧・復興に不可欠な事業などの事業活動を再開することができるとされており、居住制限区域では、例外的に認められる復旧・復興に不可欠な事業及び居住者を対象としない事業など、市町村等が基準に適合していると認める場合に事業活動を再開することができるとされています。

 しかし、旧警戒区域内において、事業活動を再開するために発生した産業廃棄物や、住民の方の帰還準備等に係る事業活動により発生した産業廃棄物(例えば、住民の方が事業者に依頼した住宅リフォーム等により発生した廃材等)の処理について、「旧警戒区域外に持ち出して処理することができない」といった誤った認識が広まっています。当該産業廃棄物については、東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故以前と同様に、廃棄物処理法に基づき排出事業者(住宅リフォームの場合はリフォーム業者や大工さん)が処理責任を負っており、旧警戒区域外に持ち出して処理することが可能です。

 産業廃棄物の処理依頼先が不明の場合には、産業廃棄物処理業者を一般社団法人福島県産業廃棄物協会(電話 024-524-1953)または同協会相双方部地域協議会(電話 0244-24-4811)で紹介しますので、ご連絡ください。

 ご不明な点については、福島県産業廃棄物課(電話 024-521-7264)又は福島県相双地方振興局県民環境部環境課(電話 0244-26-1237)にお問い合わせください。

  平成24年4月13日より前に事業活動に伴って発生したことが明らかである廃棄物(具体的には、平成24年4月13日より前から事業所内の廃棄物集積所に残置されていた物等)、又は、放射能濃度が8,000ベクレル毎キログラムを超え環境大臣の指定を受けた廃棄物(指定廃棄物)については、放射性物質汚染対処特措法に基づき国が処理を行います。ご不明な点については、環境省福島環境再生事務所浜通り北支所(電話 0244-26-9912)にご連絡ください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 生活環境課 環境保全係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎1階)

直通電話:0244-24-5231
ファクス:0244-23-0311
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)