原子力損害賠償に関する相談

更新日:2021年01月07日

原発賠償に関する相談について

市役所では、電話でも面談でも賠償について相談できます。

(注)令和3年1月末で弁護士職員が退任するため、後任の弁護士職員が着任するまでは市職員のみの相談対応となります。

今後後任弁護士の着任が決まり次第ご案内します。

電話相談連絡先

被災者支援課 原子力損害対策係 電話0244-24-5337

平日日中に相談したい場合

平日の8時30分から17時15分に賠償に関して電話や面談で相談できます。

休日や夜間に相談したい場合(要予約)

下記の日時で、賠償について電話や面談で相談できます。

休日や夜間の相談は、事前の予約が必要です。

・相談予約連絡先

被災者支援課 原子力損害対策係 電話0244-24-5337

►場所 南相馬市役所西庁舎1階

①平日夜間相談会:17時~19時30分(相談終了) 希望日開催 (注意)要予約

相談を希望される方は、前日の17時までにご連絡下さい。

②土曜日午前相談会:9時30分~12時30分(受付終了) 指定日開催

・1月16日土曜日(市職員対応)

弁護士への無料相談窓口について

1、市(市民課)開催の弁護士によるなんでも相談会(要予約)

・毎週木曜日(17時~19時)

・毎週水・金曜日(14時~16時)

予約電話番号(市民課):0244-24-5235

(注)新型コロナウイルス感染対策のため、電話相談のみとなっています。

2、原子力損害賠償・廃炉等支援機構開催の賠償に関する弁護士相談

政府も出資した原子力損害賠償・廃炉等支援機構では、市内や県内外において無料弁護士相談会を開催しています。

・予約受付専用ダイヤル:0120-330-540(フリーダイヤル)

(注)新型コロナウィルス感染症の影響により、機構で実施している賠償に関する説明会・相談会が変更・中止となる可能性があります。変更の有無につきましては、予約受付ダイヤルまでお問い合わせください。

こんな悩みが残っていませんか?

  •  同居していた家族が2か所に分かれて避難していた。
  • 避難生活時に、介護や育児をしていた。
  • 仕事、学校、病院への通院のために帰還が遅くなった。

→ADRで追加賠償の可能性があります。一度お問い合わせください。

追加賠償が認められた和解事例集も配布しています。

 

  • まだ請求していない項目/期間が残っている。
  • 請求書が手元に残っている。例)精神的損害、自宅の補修清掃費用、立木賠償

→請求漏れがないか相談して、確認できます。

 

  • 亡くなった家族が賠償請求をしていない項目がある。
  • 賠償対象の不動産の登記名義人が亡くなっている。

→今からでも請求状況の確認や、請求ができます。

この記事に関するお問い合わせ先

復興企画部 被災者支援課 原子力損害対策係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(西庁舎1階)

直通電話:0244-24-5337
ファクス:0244-23-2511
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)