原子力損害賠償紛争審査会における指針

更新日:2018年12月27日

原子力損害賠償紛争審査会

原子力損害賠償紛争審査会は、原子力損害賠償法に基づいて、文部科学省に設置される第三者機関であり、学識経験者により構成されています。審査会では、損害賠償に関する円滑な話し合いと合意形成のために、原子力損害の範囲などを明確化する指針を策定します。

1.中間指針〔平成23年8月5日〕

原発事故による被害者と東京電力株式会社との損害賠償に関する円滑な話し合いと合意形成のために、平成23年8月5日に,「東京電力株式会社が賠償すべき損害」についての「中間指針」が示されました。

「中間指針」は、原子力事故が収束していない中で、賠償すべき損害として類型化が可能なものを示したものであり、「中間指針」で触れなかったものでも、損害賠償の対象となる場合があるとされています。また、現時点においても原子力事故が収束していないことから、今後の事故による被害の拡大や、収束による避難指示等の解除の状況等に照らし合わせ、必要に応じて、追補が策定されています。

東京電力株式会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針

中間指針に関するQ&A集

2.中間指針追補(第一次追補)〔平成23年12月6日〕

平成23年12月6日に、自主的避難等に係る損害についての「中間指針追補(第一次追補)」が示されました。

東京電力株式会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針追補

3.中間指針第二次追補 〔平成24年3月16日〕

平成24年3月16日に、政府による避難区域等の見直し等に係る損害についての「中間指針第二次追補」が示されました。

東京電力株式会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針第二次追補 (政府による避難区域等の見直し等に係る損害について)

4.中間指針第三次追補 〔平成25年1月30日〕

平成25年1月30日に、農林漁業・食品産業の風評被害に係る損害についての「中間指針第三次追補」が示されました。

東京電力株式会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針第三次追補(農林漁業・食品産業の風評被害に係る損害について)

5.中間指針第四次追補 〔平成25年12月26日〕

平成25年12月26日に、避難指示の長期化等に係る損害についての「中間指針第四次追補」が示されました。

東京電力株式会社福島第一、第二原子力発電所事故による原子力損害の範囲の判定等に関する中間指針第四次追補(避難指示の長期化等に係る損害について)

6.中間指針第四次追補の改訂 〔平成28年1月28日〕

平成28年1月28日に「中間指針第四次追補」の改訂が示されました。

7.中間指針第四次追補の改訂 〔平成29年1月31日〕

平成29年1月31日に「中間指針第四次追補」の改訂が示されました。

詳しくは文部科学省のホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

復興企画部 被災者支援課 原子力損害対策係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(西庁舎1階)

直通電話:0244-24-5337
ファクス:0244-23-2511
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)