住宅用太陽光発電の固定価格買取期間満了

更新日:2019年12月19日

住宅用太陽光発電の固定価格買取期間が令和元年11月以降順次満了を迎えます

住宅用太陽光発電の余剰電力は、固定価格での買取期間が10年間と定められていることから、平成21年11月に開始した余剰電力買取制度の適用を受けた方については、令和元年11月以降、10年間の買取期間を順次満了していくことになります。

(注意)売電開始時期によって買取期間満了時期は異なります。

詳しくは、経済産業省資源エネルギー庁のホームページをご参照ください。

買取期間満了後はどうすれば良い?

買取期間満了後は、「自家消費」または、「相対・自由契約」で余剰電力を売電することが可能です。

自家消費

太陽光発電で昼間に電気を作り、住宅内の電力に使用しつつ、余った電力は蓄電池に貯め夜間使用することで、電気料金の削減に繋がるなど、発電した電気を有効に使うには様々な方法があります。よりメリットがある有効活用方法を見つけましょう。

詳しくは、太陽光発電協会(JPEA)のホームページをご参照ください。

JPEA 太陽光発電協会バナー

南相馬市や福島県において、蓄電池購入に対する補助制度を実施しています。

詳しくはホームページをご参照ください。

相対・自由契約

小売電気事業者などと個別に契約し、余剰電力を買い取ってもらうことができます。

様々な事業者から買取メニューを発表していますので、買取期間満了までにご自身の希望に合うプランを選択してください。

悪徳な勧誘業者にご注意ください

買取期間満了を迎える方に対して、「〇〇が一番お得」「〇〇しなければ損をする」といったセールストークには十分注意してください。

詳しくは、経済産業省資源エネルギー庁のホームページをご参照ください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 生活環境課 新エネルギー推進係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎1階)

直通電話:0244-24-5248
ファクス:0244-23-0311
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)