エネルギーマネジメントシステムとは

更新日:2019年09月17日

エネルギーマネジメントシステムとは、「EMS」とも呼ばれ、情報通信技術(ICT)を活用し、家庭やオフィスビル、工場などのエネルギー(電気やガス等)の使用状況を常に把握・管理し、最適化するシステムのことです。

市では、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故を契機に、環境への負荷を減らし、地球にやさしく接するまちを目指し、省エネルギーの推進のため、エネルギーマネジメントシステムの積極的な導入に取り組んでいます。

エネルギーマネジメントシステムのサーバを中心にエネルギーの「見える化」「できる化」「見せる化」に取り組む概念図

「見える化」によるリアルタイムな状況把握で省エネ推進のPDCAサイクル構築

計画、実行、評価、改善の環を示した図

「見える化」発電、消費電力等の情報採取

各公共施設の発電、蓄電、消費電力量を監視し、一元管理することで、節電計画の設定や目標達成状況を確認できます。

「できる化」でLED照明や蓄電池を活用したピークカット・ピークシフト実現

太陽光発電・蓄電池の見える化・デマンド制御と、LED照明の調光制御の図

「できる化」LED照明調光制御、蓄電池制御

エネルギーマネジメントシステム(EMS)からLED照明の調光や蓄電池を制御し、使用電力量の平準化(ピークカットやピークシフト)を実現します。

「見せる化」による市民への情報発信で省エネルギー推進の意識向上

公共施設と小学校のエネルギーマネジメントシステムの画面の図

「見せる化」エネルギー使用状況の大型モニタ表示・市HP表示

各公共施設の発電量、電力使用量、節電の実施状況を情報発信することで、より広い範囲で市民に対する省エネ活動の啓発を図ると共に、市外に対しても南相馬市の取り組みをPRします。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 生活環境課 新エネルギー推進係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎1階)

直通電話:0244-24-5248
ファクス:0244-23-0311
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)