東日本大震災による被災住宅の再建に対する補助

更新日:2020年06月29日

 市では、東日本大震災の津波又は地震により居住していた住宅が全壊、大規模半壊又は半壊した方が、自らの住宅を市内で建築、購入又は補修するため金融機関等から融資を受けた借入金の利子に対して補助を行っています。なお、既に住宅を建築、購入又は補修された方も対象となります。

補助金申請の基本的な流れ

  1. 市に補助金交付申請を提出
  2. 市が申請書類の審査をし、交付決定通知を通知
  3. 申請者は、交付決定後、住宅の建築、補修工事
  4. 市に実績報告書を提出
  5. 市が実績報告書などを審査し、確定通知を通知
  6. 申請者は、請求書により補助金交付を受ける

申請受付

東日本大震災による津波被害又は地震被害ともに申請を受け付けています。

補助要件

 平成23年3月11日時点において市内に住所を有する方で、被災住宅(東日本大震災による全壊、大規模半壊又は半壊)の世帯主又はその世帯に属する者であって、次の要件すべてに該当する方が対象です。

  • 被災住宅が持家であること。
  • 市税を滞納していないこと。
  • 防災集団移転促進事業、がけ地近接等危険住宅移転事業の補助を受けていないこと。(引越し費用のみの補助を受けている場合は、建築補助は利用可)
  • 若者等世帯定住促進事業による奨励金を受けていないこと。
  • 市内の区域(ただし、災害危険区域を除く)で、自ら居住する住宅の再建を行うこと。
  • 既に事業(住宅の建築、購入又は補修)が完了している又は令和2年9月30日までに住宅再建事業が完了すること(事業期間 令和3年3月31日まで)。

 

  • (注意)移転費用補助のみを申請する方については市内の恒久的住宅(新築、購入、または補修した住宅)への移転費用が対象です。
  • (注意)一世帯につき一事業とします。

補助額

  • 住宅の建築、購入又は補修をするために借り入れた借入金利子に相当する額(最大457万円) 
  • 住居の移転に伴う家財道具運搬費用(最大80万2千円)

(令和2年6月25日上限額引き上げ) 

申請時の必要添付書類

  • 申請書
  • 事業計画書
  • り災証明書
  • 住宅建築・購入、土地の購入・造成又は住宅補修費用の見積書 
  • 償還予定表(住宅ローンのシミュレーション、住宅金融支援機構の災害復興住宅融資を活用される方は融資申込書の本人控えのコピーも併せて提出してください。)
  • 新しい住宅、補修住宅の位置図及び平面図(間取り図)、立面図
  • 家財道具運搬費用の見積書
  • 前年度分の納税証明書
  • 移転予定者申請書

その他

  • 申請及び相談には聞き取りを要するため、事前にお電話等で時間を約束の上来庁ください。
  • 申請内容によっては交付決定まで時間を要する場合があります。
  • 補助金の振り込みは、事業が完了し、交付確定後になります。
この記事に関するお問い合わせ先

建設部 建築住宅課 住宅支援係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎2階)

直通電話:0244-24-5406
ファクス:0244-24-6151
お問い合わせメールフォーム