「新型コロナウイルス感染症」の影響による水道料金等の納入期限の猶予(延期)制度について

更新日:2020年04月27日

新型コロナウイルス感染症の影響で、一時的に水道料金及び下水道使用料の納入についてお困りの方を対象に、以下のとおり納入期限を猶予(延期)します。

●対象の方

【個人向け】
新型コロナ感染症対策で実施されている公的機関の「貸付制度」を受けた方(個人)

【事業者向け】
新型コロナ感染症対策で実施されている公的機関の「給付金」または資金の「貸付制度」を受けた事業者の方。

●対象となる料金

納入延期の受付をした後に請求となる水道料金及び下水道料金を最長2期分(4か月分)

●一時的に延期した料金の納入期限

令和3年3月31日まで
(注意)申し込みの時期によっては、対象となる水道料金が2期に満たない場合があります。

●申し込み方法

①窓口での申し込み(申込書への記入及び確認書類の提示)

②郵送での申し込み(HPからダウンロードした申込書及び貸付等を受けていることが確認できる書類の写し)

③電話での申し込み(後日、確認書類の提示または郵送が必要です)

(注意)申し込みには、個人の場合は資金貸付、事業者の場合は給付金または資金貸付を受けていることを確認できる書類が必要です。
電話や郵送での申し込みの場合は、書類の確認後の制度適用となります。記載内容の確認のため電話連絡する場合がありますので必ず連絡先電話を記載してください。

●申込先

・原町区、小高区の方

〒975-0012
南相馬市三島町一丁目43番地の1
南相馬市建設部水道課
電話(0244)24-5271(8:30から17:00まで)

・鹿島区の方
〒976-0001
相馬市大野台二丁目3-5
相馬地方広域水道企業団 総務課 料金係
電話(0244)35-6700(8:30から17:00まで)

 

【Q&A】

Q.具体的にどんな対応するのか?

A.新型コロナウイルス感染症の影響で、収入や売上減少などで一時的に水道料金の納入が困難となった水道使用者に対しての請求を、令和3年3月31日まで納入期限を延期して、生活(事業運営)にかかる負担を軽減させるものです。

 

Q.申し込みの対象(申し込みができる)のはどんな使用者か?

A.新型コロナウイルス感染症の影響で収入等が減少した方で、新型コロナウイルス感染症の対策として公的機関が行っている貸付制度を利用している方が対象です。(以下のとおり。)

【個人の方】
新型コロナウイルス感染症対策として、公的機関が実施している生活福祉資金の「貸付制度」を利用した方。

【事業者の方】
新型コロナウイルス感染症対策として公的機関の「給付金」を受けているか、または公的機関が実施している資金の「貸付制度」を利用している事業者の方。

 

Q.猶予対象になる水道料金は?

A.申し込みを受付した後に請求となる水道料金及び下水道料金について最大で2期分(4か月分)です。
ただし、申し込み時期によっては2期分(4か月分)に満たない場合があります。

 

Q.料金の減免(割引)にならないのか?

A.減免(割引)ではありませんので、支払猶予(延期)した令和3年3月31日までには納入していただくことになります。
今回の措置は、一時的に生活(事業運営)にかかる負担を軽減させるものです。

 

Q.水道料金の口座振替を利用している場合はどうなるのか?

A.口座振替は納入期限の猶予(延期)に対応できないため、納入通知書(ハガキ)で納入していただくことになります。 (納入方法が変更となります)

受付した日以降の請求(最大2期分=4か月分)について、令和3年3月31日納入期限の納入通知書を送付いたします。
ただし、申し込み時期によっては2期分(4か月分)に満たない場合があります。

この記事に関するお問い合わせ先

建設部 水道課 総務係

〒975-0012
福島県南相馬市原町区三島町一丁目43-1(南分庁舎)

電話:0244-24-5271
ファクス:0244-23-7811
お問い合わせメールフォーム