福島県 南相馬市

HPSD/株式会社日立パワーデバイス 原町工場

~ パワーエレクトロニクスの世界に新しい時代をひらく 日立パワーデバイス ~ 

HPSD/株式会社日立パワーデバイス 原町工場の詳細及び連絡先

郵便番号: 975-0041 
住所: 福島県南相馬市原町区下太田字川内迫548番地
(第一工場)
福島県南相馬市原町区下太田字小原20番地
(第二工場)
茨城県日立市大みか町五丁目2番2号
(本社)
〒409-3813
山梨県中央市一町畑545
(山梨工場)
〒101-8608
東京都千代田区外神田一丁目18番13号
(秋葉原クロスフィールド29階)
(東京本社)
電話番号: 0244-22-2151 (代表:第二工場) 
FAX番号: 0244-25-1450 
代表者名: 取締役社長  奈良 孝 
資本金額: 45,000万円 
従業員数: 978人 
設立開設: 2013年10月 設立
業種: その他の製造業 
URL: http://www.hitachi-power-semiconductor-device.co.jp 
E-Mail: https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/hpsd/jp/general/form.jsp
主要製品などの画像


事業実績

驚異的に技術革新が進む半導体産業は、日々、英和を積み重ね、高性能化・高品質化をめざし、技術革新が進められています。
(株)日立パワーデバイスは、社会イノベーション事業(例えば鉄道車両、建設機械、発送電設備、自動車、家電など)におけるキー・デバイスである半導体製品を提供してまいります。
また、高い品質でモノづくりに徹し、CS(顧客満足度)、ES(社員満足度)、SS(株主・社会)への貢献をめざしてまいります。さらに販売面では、グローバルに拡大するパワー半導体市場に対して、海外営業拠点を順次拡充するとともにフロントセールスおよびブロントセールスエンジニアを増強して、成長、進化する市場ニーズを捉え、お客様のご要望に応えてまいります。


自社が対応している技術分野

※加工・処理技術~「素材」「加工・処理」「製品」の製造3段階別

素材

- 

加工・処理(技術)

- 

製品

- 

※技術力~技術アピールポイント

・ TGBT・SiC :
一般産業機器の高性能化のために、装置のインバータ化が進行しています。このためスイッチングデバイスにも、日立のTGBT・SiCならおこたえすることができます。
・ 高耐圧IC :
日立インテリジェントパワーICは、誘電体分離技術により、ラッチアップフリー構造にできるので大電流、高耐圧の出力回路とロジック回路が混在していてもIC化が可能です。
・ パワーダイオード :
あらゆる電子機器に採用されている日立のダイオード群。高信頼性を誇るガラスダイオードから、電装品などの電子機器をサージ電圧から守るサージ吸収素子、プリンタ機器、自動車点火装置用に対応する高圧ダイオードなど、多彩なラインアップをそろえています。


自社製品が関連するモノや分野

※最終製品~保有技術や製造品目が最終的に生かされている製品~

(製品名) (用途)
・一般整流用ダイオード ・自動車オルタネータシステム
・ツェナーダイオード ・家電品(TV、モニタ)、自動車、他
・サージ吸収用ダイオード ・在来線、新幹線用インバータ
・高耐圧ダイオード ・ハイブリット・電気自動車用インバータ
・オルタネータ用ダイオード ・超高真空機器、医療分析機器、超電導応用機器
・nHPD²       
・SiC
・xEv
・モーター駆動用1チップIC
・IGBT/パワーMOS FET駆動用IC
・HVMUX
・HVMUX(高圧電源レス)

※関連分野~製造しているモノが関連している分野~

- 


製造能力

製造能力

- 

保有機械・設備

- 

保有特許

- 

品質管理

- 

納期対応

- 

外注依頼に対応できる加工種別

- 


その他の規格基準認証取得状況

・品質保証 ISO9001 平成7年12月 取得
・環境 ISO14001 平成10年9月 取得