寄附金の使いみちについて

更新日:2019年09月12日

ふるさと応援寄附にお申込みいただく際には、寄附金の使いみちの指定を次の5つから1つお選びいただいています。
皆さんからいただいた寄附金は、お選びいただいた使いみちに沿って活用します。

1. 相馬野馬追に関する事業

甲冑に身を固めた500余騎の騎馬武者が腰に太刀、背に旗指物をつけて疾走する豪華絢爛で勇壮な戦国絵巻「相馬野馬追(そうまのまおい)」。

一千有余年の歴史を誇る伝統の祭りを後世まで引き継いでいきます。

充当予定事業:相馬野馬追事業補助金など

相馬野馬追の行事「神旗争奪戦」で大勢の騎馬武者の上空から旗が降って来る様子

2. 子どもの教育など次世代育成に関する事業

幼児教育を含めた教育の質を高め、子どもたちがのびのびと成長できる環境を整備します。

充当予定事業:学校司書配置事業

十数組の母子の集合写真

3. 東日本大震災からの復興・復旧に関する事業

多世代による地域内外の交流拡大や地域活性化、にぎわい創出、地域コミュニティの再構築など、地域の復興・再生に取り組みます。

充当予定事業:小高区街なか賑わい創出事業

小高ストアの開所式典の様子

4. 協働のまちづくりに関する事業

復興に協力したいNPOや市民活動団体の活動を支援することによって、市民との協働のまちづくりを推進し、復興をさらに加速させます。
また、寄附の使いみちにNPO団体等の事業を指定する場合は、下記の「寄附の対象となる団体名と事業名」を参考に、寄附申込書へ団体名と事業名をご記入ください。
なお、団体の事業の指定が無い場合は、市が実施する協働のまちづくりに関する事業に充当します。

充当予定事業:まちづくり市民活動団体支援事業、ふるさと応援寄附金協働のまちづくり事業助成金など

とあるセミナーで講師が参加者へ説明している様子

寄附の対象となる団体名と事業名

  • 特定非営利活動法人相馬救援隊「地域交流活性化・馬事文化振興事業」
  • 一般社団法人あすびと福島「子どもたちの自ら考え行動する力を伸ばす再エネ体験学習スクール」

事業内容は「寄附対象団体活動紹介」をご覧ください。

寄附団体活動紹介(PDF:183.4KB)

(注意)一覧にあるNPO団体等は、申請に基づき、市がふるさと応援寄附金の指定先となるための要件を満たしていることを確認したNPO団体等です。

(注意)協働のまちづくりに関する事業のうち、NPO団体等を指定した寄附については、ご希望いただいた活用先について最大限尊重させていただきますが、寄附の積立状況やNPO団体等の事業執行状況により必ずしも希望どおりに助成できるものではありません。
また、ご希望に添えなかった場合でも寄附金の返還はできませんのでご了承ください。

5. その他市長が必要と認める事業

特段の指定が無い場合、または5を選んだ場合は、市長が必要に応じて各事業に充当します。

充当予定事業:企業立地促進事業助成金

この記事に関するお問い合わせ先

復興企画部 コミュニティ推進課 市民活動支援係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(西庁舎1階)

直通電話:0244-24-5411
ファクス:0244-24-5347
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)