市民交通災害共済

更新日:2018年12月25日

市民交通災害共済

 加入者が交通事故にあわれた場合に、安い掛け金で共済見舞金等を支給する助け合いの制度です。

加入資格

 南相馬市の住民基本台帳に記載されている方、または外国人登録をされている方。(住民票は異動しないで、市外に避難している方も含む)

(注意)年齢の制限はありません。

会費(年額)

 1人(1口)500円。(注意)1人で2口以上の加入はできません。

共済期間

 4月1日から翌年3月31日までとなります(途中で加入された方は、加入日の翌日から)。

加入方法

 南相馬市役所・小高区役所・鹿島区役所に備付けの申込用紙に必要事項を記入し、お申し込みください。

小高区 市民福祉課
鹿島区 市民福祉課
原町区 生活環境課

支給対象

 会員が国内において発生した交通事故により死亡、入院及び通院した場合。なお、海外での交通事故は、支給対象となりませんのでご注意ください。

共済見舞金

 平成24年度から、見舞金の等級がこれまでの8等級から10等級に改正されます。内容は、次のとおりです。

共済見舞金の等級一覧
等級 災害の程度 金額
1 死亡した場合 1,000,000円
2 入院通院日数270日以上 300,000円
3 入院通院日数200日以上 200,000円
4 入院通院日数150日以上 150,000円
5 入院通院日数120日以上 100,000円
6 入院通院日数90日以上 80,000円
7 入院通院日数60日以上 60,000円
8 入院通院日数30日以上 50,000円
9 入院通院日数8日以上 30,000円
10 入院通院日数7日以下 20,000円
重度障害見舞金 自動車損害賠償保障法施行令第1級 または第2級の障がい 300,000円

通院期間は治療実日数です。

  • 自転車事故の場合に使用できる目撃者証明書での請求は入院通院日数にかかわらず8等級(2万円)を支給します。
  •  見舞金の請求期間は、交通事故による災害を受けた日から起算して2年間です。また、弔慰金や見舞金支給の算定基礎となる治療期間は事故発生日から1年以内です。
  •  会員の故意または重大な過失(酒気帯び、無免許、速度違反等)による交通事故、若しくは、天災その他の災害による事故の場合は、弔慰金や見舞金の給付を受けることはできません。

共済弔慰金及び共済見舞金の請求

 会員の方が、共済期間中に万一交通事故に遭われたら、次の書類等をそろえて南相馬市役所・鹿島区役所へ請求してください。

必要な書類等

交通事故証明書

自動車安全運転センター福島県事務所(電話:024-591-4111)で発行します。ただし、警察署へ交通事故の届出が必要です。

診断書(原本)

入院治療日数・通院治療実日数が必ず明記されているもの。

  •  市民交通災害共済専用の診断書用紙は、南相馬市役所・鹿島各区役所に備え付けてあります。
  •  診断書作成料金は、自己負担となります。
  •  診断書作成料金については、診断書作成を依頼される医療機関へお問い合わせください。

会員証

印鑑

見舞金を振込む際の金融機関等の口座番号

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 生活環境課

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎1階)

直通電話:0244-24-5240
ファクス:0244-23-0311
お問い合わせメールフォーム