保育園給食提供食の放射線量の測定結果(平成31年2月)

更新日:2019年03月13日

検査方法

公益財団法人 福島県保健衛生協会に委託
ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
測定時間1,000秒
保育園で実際に提供した給食1食分を1週間(6日分)ごとにまとめて測定(おやつも含む)
検体はかみまの保育園から採取

検査結果と内部被ばくの実効線量

基準値は、セシウム-134・セシウム-137合算値で1キログラムあたり100ベクレル以下(一般食品・国基準値)になります。

検査結果と内部被ばくの実効線量
提出期間
(検査日)
測定結果
放射性セシウム134
測定結果
放射性セシウム137
内部被ばくの
実効線量
(1食分)
2月25、26、28日、3月1日
(3月6日)
<0.609
不検出 
<0.748
不検出

0~0.009

2月18日~22日
(2月27日)
<0.760
不検出
<0.674
不検出

0~0.011

2月13日~15日
(2月20日)
<0.739
不検出
<0.733
不検出
0~0.009
2月4日~8日
(2月14日)
<0.772
不検出
<0.788
不検出
0~0.011
  • 「<」の横の数値は、検出下限値を表しています。検出下限値は測定ごとに異なります。
  • 「測定結果 放射性セシウム134」と「測定結果 放射性セシウム137」の単位は単位は1キログラムあたりベクレル。
  • 「内部被ばくの実効線量」の単位はマイクロシーベルト。
この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 幼児教育課

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎2階)
直通電話:0244-24-5242
ファクス:0244-23-7782

お問い合わせメールフォーム
このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)