【飲食店のみなさまへお願い】グリーストラップ(油阻集器)の設置と適切な維持管理について

更新日:2021年12月03日

最近、グリーストラップ(油阻集器)の管理不足の原因で下水道に油などが流れ下水管の内部で油が凝固し詰まりが発生しております。

下水道に油や食品残渣などの水にとけない異物が流れ込むと、管内で詰まりが発生し周辺のみなさまにも大きなご迷惑をかけてしまいます。

油や食品残渣などが流出しないようグリーストラップ(油阻集器)の適切な維持管理をお願いいたします。

グリーストラップ(油脂分離阻集器・油脂遮断装置)の設置

油やゴミが下水道へ流れるのを防ぐためには、グリーストラップを設置し、適切な管理をしていただくことが必要となります。

グリーストラップは排水に含まれている油や残飯などのゴミを取り除いて、水だけを下水道に流す装置です。

飲食店などでは、建築基準法の関連規定や南相馬市下水道条例施行規則第3条で、グリーストラップを設けるよう規定されています。

下水道に油や残飯などを流し、下水道管を詰まらせてしまった場合、原因者に復旧に要した費用を負担してもらう可能性も出てくることから十分注意して下さい。

グリーストラップの清掃は毎日

グリーストラップは適切な管理をしなければ、十分な能力を発揮することができません。

グリーストラップの仕組みの図
  1. バスケットに溜まったゴミは毎日捨てましょう。
  2. 週に1回程度、水面に浮いた油やゴミを除去しましょう。(多い場合は毎日)
  3. 週に1回程度、底に溜まった沈殿物を取り除いてください。
  4. 月に1回程度、グリーストラップ全体の清掃をしてください。

多量の油を捨てるときは、流さないで別処理にしてください

油が入ったスープの廃棄や、多量の油がついた食器などの洗浄では、グリーストラップだけでは油脂分が取り除けないことがあります。

油のついた食器類は、新聞紙やキッチンペーパーなどに吸わせてから洗うようにしてください。

多量の油を捨てるときは、固化剤で固めるなど、廃棄物として処理してください。

油が入ったスープは、浮いた油をとってから流すようにしましょう。

なお、回収した油やゴミ類は、法律にもとづき、適切に処理してください。 

清掃されていないグリーストラップと正常なグリーストラップの画像
油による下水管閉塞の写真
この記事に関するお問い合わせ先

建設部 下水道課 管理係

福島県南相馬市原町区錦町三丁目120(原町第一下水処理場)

電話:0244-22-2512
ファクス:0244-22-2513
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)