沿革

更新日:2021年12月16日

沿革
昭和33年6月 「小高町国保直営診療所」として開設 (診療科)内科、外科 (病床数)15床
昭和35年2月 国保小高町立病院に改称 内科、外科 23床
昭和36年2月 産婦人科設置 内科、外科、産婦人科 23床
昭和38年3月 病棟増築 52床
昭和56年11月 現在地に新築、移転 69床
昭和61年4月 小児科設置 内科、外科、産婦人科、小児科 81床
昭和62年4月 整形外科、リハビリ科設置
内科、外科、産婦人科、小児科、整形外科、リハビリ科 81床
平成元年4月 病床19床の増 100床
平成4月3月 CTスキャン機導入
平成7年4月 施設基準見直しのため病床1床削減 99床
平成11年4月 一般病床48床、療養病床51床のケアミックスを実施
平成12年4月 介護保険制度施行開始に伴い、療養病床のうち21床を同制度適用とする
平成13年4月 産婦人科休診
平成13年5月 眼科設置
内科、外科、小児科、整形外科、リハビリ科、眼科、産婦人科(休診)
平成18年1月 市町合併により南相馬市立小高病院に改称
内科、外科、小児科、整形外科、眼科、リハビリ科
平成18年4月 整形外科休診
平成18年10月 整形外科診療再開
平成19年4月 整形外科休診
平成19年7月 リハビリ科休診
平成20年4月 小児科休診、リハビリ科診療再開
平成23年3月 東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所の事故。避難。診療休止。
平成25年7月〜12月 地震被害改修工事
平成25年12月〜平成26年3月 旧リハビリテーション棟を外来診療棟に改修工事
平成26年4月23日 外来診療を再開 週3日診療
平成27年7月 週4日診療
平成28年4月 週5日診療
平成29年4月 在宅医療(訪問診療・オンライン診療)を開始
令和元年7月 東日本大震災にて地震被害を受けた病院本館(病棟)解体準備のため小高病院を休院
令和元年8月 「市立総合病院附属小高診療所(無床)」として小高保健福祉センター内で診療開始(診療科)内科、外科
令和3年12月 小高病院跡地に新たな診療所を開所し、診療開始
この記事に関するお問い合わせ先

総合病院附属小高診療所 事務課

〒979-2121
福島県南相馬市小高区東町三丁目3番地の1

直通電話:0244-44-2025
ファクス:0244-44-6588

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)