市長への手紙「Wi-Fi(ワイファイ)エリアの拡大提案」

更新日:2018年12月25日

(男性)

 市内の仮設住宅には多くの住民が避難していますが、仮設住宅でインターネット使うにはNTTに連絡して電柱から引き込み線の工事が必要です。
 そこで市内でエリアが限定されている引き込み線工事不要のWi-Fi(ワイファイ)エリアの拡大を総務省に被災地として事業提案してはいかがでしょうか。

市の回答

 ご提案のありました仮設住宅へのWi-Fi(ワイファイ)エリアの拡大要望についてですが、市内では通信ケーブルの整備が完了したところであり、仮設住宅でも特に多大な負担がかかることなくインターネットを使用できる状態であります。
 このような状態であることを踏まえて、仮設住宅へのWi-Fi(ワイファイ)環境整備についての支援を関係機関に問い合わせたところ、現在は難しいとの回答でありました。また、仮設住宅に特化したWi-Fi環境整備を市負担で行うことになると、住宅用の通信回線を仮設住宅にのみ特別に整備することとなり、仮設住宅以外の住民との関係において公共サービスとしての不均衡をきたすことから困難と考えておりますので、ご理解をいただきますようお願いします。
 なお、今後も関係機関と協議しながら、市全体の情報通信の利便性向上が図られよう努めて参ります。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 秘書課 広報広聴係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎3階)

直通電話:0244-24-5216
ファクス:0244-23-7425
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)