特別支援教育就学奨励費

更新日:2022年09月30日

特別支援教育就学奨励費は、障害のある児童生徒が小学校・中学校の特別支援学級で学ぶ際に、保護者が負担する教育関係経費について、家庭の経済状況等に応じ、その一部を補助する制度です。

対象となる方

市内の小中学校の特別支援学級に在籍している児童生徒の保護者

(注意)所得が基準より高い方は、一部の補助のみ対象となります。
(注意)就学援助費受給認定を受けている方は、本制度の対象外となります。
            就学援助費の詳細について、こちらから確認できます。

補助の内容(令和4年度の補助額)

補助割合・上限額は支弁区分によって異なります。支弁区分については、次の項目をご参照ください。なお、支弁区分は1、2、3(正式にはローマ数字表記)の三区分になります。

(注意)新入学用品費については、4月1日時点で市内の学校に在籍している方が対象です。
(注意)年度途中で本奨励費が対象となった場合、対象となった時期等によって支給額が変わります。

小学校

表の( )内は補助上限額です。 

対象経費 対象学年 支弁区分
1
支弁区分
2
支弁区分
3
学校給食費 全学年 実費額1/2 -
通学に要する交通費 全学年 実費額 実費額1/2
交流学習交通費 全学年 実費額 実費額1/2
校外活動費(宿泊無し) 全学年 実費額1/2(800円) -
校外活動費(宿泊有り) 全学年 実費額1/2(1,845円) -
学用品費・通学用品費 全学年 定額支給(5,820円) -
新入学用品費 1学年 定額支給(25,555円) -
オンライン学習通信費 全学年
(世帯ごと)
実績に基づく
(7,000円)
- -

中学校

表の( )内は補助上限額です。 

対象経費 対象学年 支弁区分
1
支弁区分
2
支弁区分
3
学校給食費 全学年 実費額1/2 -
通学に要する交通費 全学年 実費額 実費額1/2
職場実習交通費 全学年 実費額 実費額1/2
交流学習交通費 全学年 実費額 実費額1/2
修学旅行費 全学年
(在学中1回)
実費額1/2(28,860円) -
校外活動費(宿泊無し) 全学年 実費額1/2(1,155円) -
学用品費・通学用品費 全学年 定額支給(11,370円) -
新入学用品費 1学年 定額支給(28,990円) -
オンライン学習通信費 全学年
(世帯ごと)
実績に基づく
(7,000円)
- -

支弁区分

世帯全員の前年所得の合計額を規定された基準額と比較して、支弁区分を認定します。
そのため、世帯全員の所得証明書をご提出していただく必要があります。

申請方法

学校より対象者に案内がありますので、案内のとおり関係書類を学校にご提出ください。例年の流れは次のとおりです。

1.毎年5月頃に案内、提出をお願いする書類
(1)特別支援教育就学奨励費 申請兼辞退書
(2)特別支援教育就学奨励費にかかる収入額・需要額調書
(3)就学奨励費の支給を口座振込で希望の場合、振込先の情報が確認できる書類(通帳等の写し)
2.毎年6月頃に案内、提出をお願いする書類
当該年度(前年)分の所得証明書(世帯員全員分)
3.上記の書類を審査し、支弁区分の認定を行い、学校を通じて支弁区分をお知らせいたします。辞退された方については、お知らせはありません。

(注意)辞退される場合は、(1)の書類のみ提出をお願いしています。
 

支給時期

9月、2月の年2回に分けて支給します。(支給時期は予定ですので、予告なく変更する場合があります。)

支給方法

申請時に希望した方法で支給されます。
ただし、学校給食費は、在学する学校の口座に振り込まれます。

お問い合わせ

お子さまが在学している(する予定の)学校、または教育委員会学校教育課

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 学校教育課 学務係

〒975-8686
福島県南相馬市原町区本町二丁目27(本庁舎2階)

直通電話:0244-24-5283
ファクス:0244-23-7782
お問い合わせメールフォーム

このページに関するアンケート

より良いウェブサイトにするために、このページのご感想をお聞かせください。

このページの内容は分かりやすかったですか



分かりにくかった理由は何ですか(複数回答可)



このページは探しやすかったですか



探しにくかった理由は何ですか(複数回答可)